Archives

  • [—]2019 (535)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:公式テスト鈴鹿2日目 この日は福住仁嶺が、2日間総合ではアレックス・パロウがトップタイム

 全日本スーパーフォーミュラ選手権は5日、鈴鹿サーキットで昨日に続き2日目の公式テストを行った。午前と午後2回のセッションが行われ、この日は福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がトップタイムを記録した。2日間の総合ではアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)が最速タイムを記録している。

 午前のテストは10時から。昨日と代わって終始ドライコンディションで行われた。セッション中盤に昨日トップタイムをマークしたアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)が1分37秒229でトップに立つ。

 終盤は各ドライバー予選シミュレーションを行い、福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が1分36秒150でトップに。2位には山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が続き、ダンディライアンが1-2。3位はダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN)でホンダエンジンがトップ3を独占した。

 午後のセッションは延長され2時45分から5時15分まで。開始から40分あたりで小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)が1分36秒935でトップに立つ。

 開始から1時間あたりには大嶋和也(TEAM LEMANS)がスプーン立ち上がりでスポンジバリアに接触して赤旗が提示される。

 再開後も小林のタイムを上回るドライバーはセッション終盤まで現れなかったが、予選シミュレーションが始まると山下健太(KONDO RACING)が1分36秒456と小林のタイムを更新してトップに。さらに2位にはアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)が上がり、小林は3位でセッションを終えた。

 2日間のトータルではパロウがトップ、2位に福住、3位に山下となっている。

 この後、3月26日、27日に富士スピードウェイで2回目の公式テストが行われ、いよいよ4月20日にここ鈴鹿で今シーズンのスーパーフォーミュラが開幕する。

公式テスト鈴鹿: 総合トップタイムのアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING) 公式テスト鈴鹿: 総合2位の福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) 公式テスト鈴鹿: 総合3位の山下健太(KONDO RACING) 公式テスト鈴鹿: 総合4位のニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S) 公式テスト鈴鹿: 総合5位の山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING) 公式テスト鈴鹿: 総合6位のダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN) 公式テスト鈴鹿: 総合7位の平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL) 公式テスト鈴鹿: 総合8位の中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S) 公式テスト鈴鹿: 総合9位の関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL) 公式テスト鈴鹿: 総合10位の野尻智紀(TEAM MUGEN)

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース