Archives

  • [—]2019 (295)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:第3戦鈴鹿決勝 澤龍之介がぶっちぎりのポールトゥウィン。2位に菊池宥孝が、3位に村松日向子が入る

 スーパーFJ地方選手権鈴鹿シリーズ第3戦は12日、鈴鹿クラブマンレース第3戦で決勝を行い、ポールからスタートした澤龍之介(TPS・KK-SⅡ・制動屋)がぶっちぎりで今季2勝目を飾った。

10周の決勝がスタートした

優勝は澤龍之介(TPS・KK-SⅡ・制動屋)

決勝2位は菊池宥孝(ラインアップKRS KKS-Ⅱ)

決勝3位は村松日向子(Rn-Sports制動屋KK-S2)

決勝4位は中村賢明(M2 inoki KK-SⅡ)

決勝5位は入山翔(giddy up KKSⅡ yamasyo)

決勝6位、第4戦のPPの荒川鱗(Drago CORSE 10V)

表彰式: 左から2位・菊池宥孝、優勝・澤龍之介、3位・村松日向子

 第3戦決勝は、前レースで赤旗が出たため10分遅れの午前11時40分より蒸し暑い中、フォーメーションラップが始まった。

 ポールポジションの澤龍之介(TPS・KK-SⅡ・制動屋)が蹴り出しよく1コーナーへ向かうが、素晴らしいスタートを切った予選2位の岩佐歩夢(Rn-sports制動屋DプロKK-S)がアウトから並びかける。澤は2コーナーで岩佐を退けなんとかトップを死守。以下、3位・菊池宥孝(ラインアップKRS KKS-Ⅱ)、4位・村松日向子(Rn-Sports制動屋KK-S2)と予選順位通りに続く。

 2位の岩佐だったが、2周目のS字コーナーで突然失速。電気系のトラブルで早くも戦列を去った。

 これで2位に菊池が、3位に村松が上がった。4位以下は混戦。荒川鱗(Drago CORSE 10V)、入山翔(giddy up KKSⅡ yamasyo)、中村賢明(M2 inoki KK-SⅡ)、八巻渉(中日本自動車短期大学MSE学科KKS-Ⅱ)ら、一時は7台での争いとなった。

 トップに立った澤は盤石。「ミスも無くて安定したペースで走れた」とファステストラップを更新しながら2位以下を突き放しにかかる。結局10周を回って2位以下を11秒以上離し、ぶっちぎりでの今季2勝目を飾った。

 今シーズンから鈴鹿での参戦を開始し、岡山では優勝の経験もある2位の菊池は、澤には離されたが3位以下よりもラップが良く、やがて単独走行となりこの順位でゴールを迎えた。

 3位の村松は、4位以下がバトルをしていたため「展開にも恵まれた。後半はアンダーが出てタイムも安定しなかった」というものの、背後を脅かされること無く3位でゴール。富士での優勝経験はあるものの、初めての鈴鹿表彰台を獲得した。

 4位争いは、最後は入山と中村が抜け出し、この2人の争いとなった。9周目に入山をかわした中村が4位、5位に入山が入った。

 「6位を走ってたのは知っていた。最後は次のレースを考えて順位を守ることにした」という荒川が、第4戦のポールポジションとなる6位に入った。

 第4戦はこの後、午後4時15分より2周多い12周で争われる。このレースの上位6台がリバースグリッドとなる。「ポールから逃げたい」という荒川。「スタートだけ気をつけたい。後は1台ずつ抜いていく」という6位スタートの澤。スーパーFJで初めて導入されたリバースグリッドのレースはどのような展開になるのであろうか。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum
Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース