Archives

  • [—]2019 (577)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第5戦富士優勝会見 「ピットに入るタイミングがたまたまSCと重なりました」(#6大嶋)「次戦も優勝を目指します」(#87高橋)

決勝フォトセッション: 両クラス優勝のドライバー

GT500クラス 大嶋和也(#6WAKO'S 4CR LC500)
GT500クラスで優勝した大嶋和也(LEXUS TEAM LEMANS WAKO\'S) 前回の優勝でハンデも厳しい状況だったので、正直予選もビリかなと思っていました。(ポイントを)1点でも多く取れればいいなぁと思っていましたが、走り出してみると思いのほかクルマが速く、セッティングも決まっていたので、これは上位進出もありそうだと感じました。
レースでは、ストレートも遅く、こちらから仕掛けていくというのは難しかったのですね。無理せず淡々と走っていたら、いつの間にか上位にいて、さらに、ピットに入るタイミングが、たまたまセーフティカーと重なって、際どいタイミングでしたが上手くいきました。その後は、クルマとタイヤを守りながら絶対ミスしないように気を付けて走るだけでした。
(次戦以降の)ハンデの影響は予想がつきませんが、こんなチャンスはなかなか来ないので、これからはポイントを取れるだけ取りたいと思います。
GT500クラス 山下健太(#6WAKO'S 4CR LC500)
GT500クラスで優勝した山下健太(LEXUS TEAM LEMANS WAKO\'S) 前回勝って、今回は表彰台の手前くらいを目指していましたので、ここまで来れるとは思っていませんでした。昨日の予選は、ハンデの影響で一発の速さはなく、少し後ろになってしまいました。でも、練習からロング(ラン)は他車と比べても遜色なかったので、追い上げられると思っていました。でも、勝てるとは思っていませんでした。ピットインが一番のキーポイントだったと思いますが、素晴らしい作戦とクルマを造っていただいたチームに感謝しています。
(連勝したことでハンデが増え)次は厳しいと思いますが、チャンピオンに向け、1ポイントでも多く取りたいと思います。
GT300クラス 高橋翼(#87T-DASHランボルギーニGT3)
GT300クラスで優勝した高橋翼(JLOC) (2回目の1周でピットインした)あのスティントが決め手でした。アウトインでタイムを稼げたことが、勝負のポイントだったと思います。エンジニアがあの作戦を考えました。最初はやるかやらないか微妙だったのですが、最終的にやると決めて、上手くハマったと思います。僕自身、今年初参戦で、表彰台も初めてでしたが、1位を取ることができてほっとしています。
次戦オートポリスは去年も2位に入っているので、表彰台、優勝を目指して頑張りたいと思います。
GT300クラス アンドレ・クート(#87T-DASHランボルギーニGT3)
GT300クラスで優勝したアンドレ・クート(JLOC) この場を借りて、チームにおめでとうと伝えたいと思います。完璧な戦略でしたし、タイヤが良くなければ勝つことはできませんが、ヨコハマが持ち込んだタイヤは素晴らしかったと思います。僕にとっても最高の一日となりました。
1スティントの約40ラップは、ドライバーにとっても、タイヤにとっても厳しいものですが、それをうまくマネジメントできたことが勝因だったと思います。今回サーキットに来るまではまさか勝てるとは思っていませんでしたが、徐々に調子が上向いていきました。JLOCチームに感謝したいと思います。
今回は勝つためのクルマのバランスが完璧でした。残るレースもこの調子を続けたいと思います。
GT300クラス 藤波清斗(#87T-DASHランボルギーニGT3)
GT300クラスで優勝した藤波清斗(JLOC) 今年は第3ドライバーとして参戦させてもらっていて、(走るのは)この富士の長いレースだけですが、テストから乗せていただいて、徐々にクルマにも慣れてきたという感触があります。今週はチームメイトの二人とも話していて、最低表彰台に登ろうという目標を立てていました。
最初、アウトインという作戦はどうなのかなと思いましたし、賭けでしたが、マッチすれば勝つことも可能だったので、勝負に出ようとこの作戦を取りました。アウトインのときはペースが遅くならないよう、皆に協力してもらいました。その後のスティントのペースも悪くなく、タイヤとも相談しながら、しっかり走れたと思います。クルマのセッティングも決まっていましたし、不安なく走ることができて感謝しています。
僕が走るのは今回だけですが、今後もチームに帯同し、貢献しつつ、勉強もしつつ、準備もしつつ、応援していきたいと思います。
まとめ: Shigeru KITAMICHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース