Archives

  • [—]2019 (302)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:モースポフェス2019 スーパーGTがデモレースを実施。両クラスでホンダNSXがトップチェッカー

二日目を迎えた鈴鹿モータースポーツファン感謝デー「モースポフェス2019」。スーパーGTは初日に続いて「世界に誇るハイコンペティションシリーズ」と題して東コースでデモレースを開催。GT500クラス7台、GT300クラス5台の計12台が本番さながらのバトルを披露した。

今回出走したのは#1RAYBRIG NSX GT(山本尚貴)、#6WAKO'S 4CR LC500(大嶋和也)、12カルソニックIMPUL GT-R(佐々木大樹)、16MOTUL MUGEN NSX GT(中嶋大祐)、24KONDO RACING(ヤン・マーデンボロー)、#39DENSO KOBELCO SARD LC500(へイッキ・コバライネン)、64Modulo Epson NSX-GT(牧野任祐)、#4グッドスマイル初音ミク AMG(片岡龍也)、18UPGARAGE NSX GT3(松浦幸亮)、#34Modulo KENWOOD NSX GT3(道上龍)、#61SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人)、#88JLOC(元嶋佑弥)だ。
数分間のウォームアップののち、クラスごとに隊列を組み直してローリングを開始、5周のレースを行なった結果、GT500クラスは#1RAYBRIG NSX GT、GT300クラスは#34Modulo KENWOOD NSX GT3といずれもホンダNSXがトップでチェッカーを受けた。

スーパーGTはこのあと3月16-17日に岡山国際サーキット、30-31日に富士スピードウェイにて合同テストを、4月13-14日に岡山国際サーキットで第1戦を開催する。

Text:Kazuhisa SUEHIRO


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース