Archives

  • [—]2019 (427)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:モースポフェス2019 「スーパーフォーミュラオープニングラップ」は雨のためパレードランに

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー「モースポフェス2019SUZUKA」のアトラクションの一つとして午後2時5分より予定されていたスーパーフォーミュラによるデモレース「SUPER FOMULA OPENING LAP」は雨のためセーフティーカー先導でローリングを開始。結局安全を期して5周のパレードラップを行なったのちにチェッカーが提示されることになった。

オープニングラップ: セーフティーカー先導で5周のデモレースがスタートした

ポールポジションからスタートしたのは昨年チャンピオンの#1山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION)、同ランキング2位の#37ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)が2番手につけた。

パレードランは途中シケインで#5福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION)がトラブルによりストップしたものの、他の19台は無事完走し、明日からの合同テストに臨むことになった。

全日本スーパーフォーミュラ選手権はこのあと3月4-6日に鈴鹿サーキット、3月26-27日に富士スピードウェイで合同テストを実施、4月20-21日の鈴鹿2&4で開幕する。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース