Archives

  • [—]2019 (365)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第3戦オートポリス決勝会見 「チームがいいクルマを作ってくれているので、明日も期待を裏切らないレースをしたいです」(サッシャ・フェネストラス)

第3戦優勝 #11サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark)
決勝記者会見: 優勝したサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark) すごくいいレースでした。ここまで3レースやってきて2回優勝できたのは嬉しいです。チームのおかげです。すごくいい仕事をしてくれましたし、良いセッティングでした。セーフティーカースタートになったのは面白いと感じましたが、ペースが遅すぎてタイヤの温度管理に神経を使いましたし、水しぶきやアクアプレーンがひどかったですね。その中で自分のペースをキープできたのが勝因になったと思いますし、ファステストラップも獲得できたことはチャンピオンシップを考える上でも重要なことだったと思います。事前にここでテストを行ったことはもちろん重要なポイントでしたし、あの時も雨でしたが、今よりもっとひどい雨量でした。コースを覚える上でも良い練習になったと思います。今週末はチームルマンがドライバーも含めて非常に速かったですが、予選で僕らが良いタイムを出せたことが一番の勝因でした。明日は天気次第ですけど、雨なら今日の経験が活きると思うし、晴れなら面白いレースになるでしょう。いずれにせよベストを尽くすだけです。チームがいいクルマを作ってくれているので、期待を裏切らないレースをしたいです。
第3戦決勝2位 #2大湯都史樹(TODA RACING)
決勝記者会見: 2位の大湯都史樹(TODA RACING) 個人的にはSCスタートになって残念ですが、リスタート後のタイヤがぬくもっていない状態でもついていけましたし、レースを通して自分自身がやれることはやれたかなと。ただ走りながら自分の中で課題が見つかって、修正しながら走りましたが、克服できた部分とできなかった部分があります。そこは明日も引き続き直していきたいと思いますし、明日はさらに上のポジションを取れるように頑張ります。事前にテストできたことはもちろんプラスに働きましたが、走行時間が短かったので、もう少し走りたかったというところが正直ありました。でもあれのおかげで作戦が練れました。明日も2番手ということで、チャンスがあると思います。スタートが大事だと思うので、そこをしっかり決めて、自分のやるべきことをやりたいと思います。
第3戦決勝3位 #65エナム・アーメド(B-Max Racing with motopark)
決勝記者会見: 3位のエナム・アーメド(B-Max Racing with motopark) レース中は水しぶきがひどくて視界が非常に悪かったので、オーバーテイクがなかなかできませんでした。それでもサッシャにラップあたりコンマ5秒差くらいに近づけたのはよかったです。ここでポイントを獲得できたことは重要です。今ランキングがどうなっているかは知りませんが。明日はできればスタンディングスタートしたいですね。そうなれば優勝目指して頑張ります。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース