Archives

  • [—]2019 (365)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第14戦SUGO決勝記者会見 優勝・エナム・アーメド「B-MAXとモトパークがいいクルマを作ってくれたおかげ」

決勝フォトセッション: トップ3のドライバーたち

優勝 エナム・アーメド(B-Max Racing with motopark)
決勝記者会見: 優勝したエナム・アーメド(B-Max Racing with motopark) 「ぼくは富士とSUGOが速いのは分かっていました。前の優勝は繰り上がりだったので、週末を通して良くなってきた結果、ポールポジションから優勝できて、とてもうれしいです。B-MAXとモトパークがいいクルマを作ってくれたおかげです」
2位 サッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark)
決勝記者会見: 2位のサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark) 「スタートが安定していなくて試行錯誤してきた結果、今回はこの点を克服できました。1コーナーでチームメート(アーメド)とバトルになりましたが抜けませんでした。そこからファステストラップを狙って取りました。チームはSUGOを得意としていなくて、改善すべく夜遅くまで取り組んでくれたので感謝しています」
3位 宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 3位の宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM\'S) 「予選2位でスタートでしかチャンスはなかったのですが、シグナルが消えるのが遅く、クラッチの操作をミスしてしまいました。1コーナーで4位まで落ちましたがアウトから抜くことができ、最低限の3位にはなれましたが、チームには申し訳ないです。タイムも少しずつ上がって、ファステストラップを狙っていたんですが、イエローフラッグが出てしまいました」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース