Archives

  • [—]2019 (469)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第7戦、第8戦富士公式予選 #7佐藤が連続ポール

FIA-4選手権第7戦、第8戦の公式予選が8月3日、静岡県の富士スピードウェイで行われ、#7佐藤蓮(SRS/コチラレーシング)が2戦連続でポールポジションを獲得した。

第7戦、第8戦ともポールポジションの佐藤蓮(SRS/コチラレーシング)

第7戦、第8戦とも予選2位の菅波冬悟(OTG DL F110)

第7戦予選3位、第8戦予選6位の平良響(FTRSスカラシップF4)

第7戦予選4位、第8戦予選3位の石坂瑞基(TOEI BJRacing F110)

第7戦、第8戦ともインディペンデントカップポールポジションのDRAGON(TEAM DRAGON F4)

公式予選は午前8時5分より30分間で行われた。この日の富士は曇りだったが、予選開始時点の気温は27.7度、路面温度34.1度と決して涼しいとは言えないコンディションでの走行となった。

コースオープンの時点では路面に石灰が撒かれた箇所があったため、Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクトの4台は最初の数分間はピットガレージで待機する作戦を採った。開始と同時に走り始めたドライバーたちも最初の3〜4周はペースを抑えて路面状況の回復を待ち、それからアタックを開始した。

序盤トップに立ったのは#24平木玲次(Media DoADVICS影山F110)で1'46.982。残り時間17分を切ったところで#37平良響(FTRSスカラシップF4)が1'46.804でこれを上回り、その4分後に佐藤が1'46.182でトップに立った。

佐藤はその後も1'46.116、1'46.038と順調にタイムを上げ、ベストタイム、セカンドベストタイム共に他を上回ってポールポジションを獲得。今季のPP獲得数を5とした。

予選2番手は#60菅波冬悟(OTG DL F110)。前日の専有走行でクラッシュを喫し、モノコックを交換することになったが、徹夜で修復したメカニックの苦労に報いるべく、懸命のアタックを繰り返してセカンドベストでも2番手につけた。

第7戦の予選3番手は#37平。最後のアタックではスープラコーナーで後輪をダートに落として失速という痛恨のミスを犯しながらも1'46.094と、トップとは0.06秒差の好タイムを記録。しかし結果的にこれがランオフエリア走行ということでタイム不採用となってしまった。それでも決勝でのペースには手応えを感じており、午後の決勝では接戦が期待できそうだ。

インディペンデントカップは#30DRAGON(TEAM DRAGON F4)がトップ。総合でも20番手に食い込む好タイムを記録している。

第7戦決勝はこのあと午後1時45分より14周で行われる。

第7戦、第8戦ポールポジション #7佐藤蓮(Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)
前日からあまり調子が良くなくて、予選も上位に入れればいいなくらいな感じでいました。思ったより気温が下がったのが幸いし、スリップの兼ね合いもあってうまくタイムを出せました。このあとどんどん気温が上がって、ウチとしては厳しい方向に行くと思うので、そこに向けてどうセットアップを煮詰めていけばいいかを考えて、勝てるように頑張ります。
第7戦、第8戦予選2位 #60菅波冬悟(OTG MOTOR SPORTS)
セカンドタイムが出た周でスリップをうまく使えてなくて、その時にタイヤのピークが来てたんですけど、タイムを残さないのはもっとダメだと思ってそのままアタックしました。決勝はどうせスリップの使い合いになるので、3番からスタートできるのはいいのかなと思います。昨日モノコックを壊してしまって、メカさんが徹夜で交換してくれたので、いいレースをしないとなと思います。
第7戦予選3位 #37平良響(TOM'S SPILIT)
最後のアタックでものすごいミスをしちゃってのこのタイム、ということだったので、ポジティブに考えて決勝は(佐藤)蓮についていけるし、抜ければ蓮にガンガン来られるような遅さではないと思うので、ペースに自信を持って前に出るレースをしたいなと思います。
第8戦予選3位 #98石坂瑞基(Bionic Jack Racing)
昨日調子が良かったのでそんなに不安はなかったんですけど、できればスリップをうまく使えてればなと。ポールをとれなかったのは残念ですけど、単独走行でのタイムと考えれば悪くないなと。今年ずっと98号車でIKARI選手が参戦していましたが、PCCJとのダブルエントリーは大変だということで、僕が参戦することになりました。長く参戦しているカテゴリーだし、98号車は去年乗っていたので、ブランクを感じることなくスムーズに走り出せました。
Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース