Archives

  • [—]2020 (195)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第3戦SUGO 決勝記者会見 優勝・坪井翔「トップに立ってからはファステストを狙いました」

優勝 坪井翔(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
予選記者会見: 優勝した坪井翔(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S) 「練習から調子が良くて2位との差もあったんですが、予選はうまくいかず結果的に赤旗に助けられてポールが取れました。SUGOは前にいないと苦しいので良かったです。スタートは自信があってトップで1コーナーを回れたので後はファステストラップを取ることに集中して、プッシュし続けて取ることがで優勝できたのでいいレースでした。」
2位 宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
予選記者会見: 2位の宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S) 「SUGOは苦手意識があって練習から克服しようとしていました。予選は最初はトップタイムでしたが、2回目のタイヤでは自分のミスもありましたが、ミスしなくても赤旗だったので流れが悪かったです。決勝のスタートは坪井選手と同じくらいで、トップに立てませんでしたが、タイムも同じくらいで練習からの課題は克服できたと思います」
3位 大湯都史樹(TODA RACING)
予選記者会見: 3位の大湯都史樹(TODA RACING) 「ようやく表彰台に乗れました。前の2人よりペースが悪かったですし、チームメートの阪口選手よりも悪かったので改善しないといけません。あしたは2番手なのでスタートを決めて優勝争いに絡んでいきたいと思います。SUGOはそんなに得意ではないんですが、ぼくの走りには合っているのかと思います」
Nクラス優勝 ジェイク・パーソンズ(NODA RACING)
予選記者会見: Nクラス優勝のジェイク・パーソンズ(NODA RACING) 「スタートも良かったですし、ポジションもあげることができ前向きなレースでした。Nクラスはぼくだけで自分との戦いなので予選のタイムを目指して走っていました。安定したレースでミスもなく満足できました。これからクルマのデータを見て改善できるところは改善していきたいと思います」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース