Archives

  • [—]2019 (176)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第12戦もてぎ決勝記者会見 優勝・坪井翔「やっと目標としていたフルポイントを達成できました」

優勝 坪井翔(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見:  優勝した坪井翔(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S) 「やっと目標としていたフルポイントを達成でき一安心です。スタートはスーパーフォーミュラの後で路面も変わり、ニュータイヤだったのでグリップして、蹴り出しはいまいちでしたが、トップに立てました。前2レースは序盤が遅かったですが、このレースでは引き離せたのでいいレースだったと思います。3レースは疲れるのでやめてほしいです(笑)」
2位 宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 2位の宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S) 「スタートでは加速が鈍ってしまいました。ファステストしかないと思っていましたし、前とのギャップも広げたくありませんでした。タイムは遅かったですが、次につながる走りをしていて、課題は見つかったと思います。岡山は前回優勝しているのでフルポイントを取りたいです」
3位 大湯都史樹(TODA RACING)
決勝記者会見: 3位の大湯都史樹(TODA RACING) 「前のレースが6位でペースが悪かったです。セッティングをチームと話して変更し、今回はいいペースで走れました。序盤の攻防は良くなかったのが反省点です。ドライビング面でも改善したいと思います。3レースはタフでしたが、成長できたと思います」
Nクラス優勝 ジェイク・パーソンズ(NODA RACING)
決勝記者会見: Nクラス優勝のジェイク・パーソンズ(NODA RACING) 「ニュータイヤでスタートし、クルマのフィーリングも良かったです。Cクラスのマシンともバトルができ、前でインシデントがあったりで退屈しないレースでした。バトルは楽しかったし将来に向けて役に立つレースだったと思います」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース