Archives

  • [—]2021 (547)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:第1戦もてぎウォームアップ2回目 雨の中、HIRO/片岡龍也/阿部翼組がトップタイム

st-r01-w2-16 st-r01-w2-777 st-r01-w2-59 st-r01-w2-68 st-r01-w2-41 st-r01-w2-11

 前夜からの霧雨が路面を濡らしているツインリンクもてぎ。午前8時から決勝レースを見据えた20分間のフリー走行が行われた。

st-r01-w2-sc

st-r01-w2-33

st-r01-w2-rflag

st-r01-w2-22

st-r01-w2-89

st-r01-w2-88

 セッション開始直前にさらに雨が降り、レースウイーク初めての完全なウエットコンディションとなった。

 走行開始から10分後、ST-5クラスの船木宏/藤原能成/貴島康博組(#33 TOITEC Racing WAKO'S μ VITZ)がV字コーナー先で止まったため、マシン回収のために赤旗中断。7分後にセッションは再開され、8時27分までの走行となった。

 このセッションで2分05秒004のトップタイムをマークしたのは、予選9番手となったST-Xクラスのヒロ/片岡龍也/阿部翼組(#16 REAF REAL ESTATE KiiVA BMW)だった。

 PPの藤波清斗/星野一樹/白井剛/青木孝行組(#5 Mach MAKERS GTNET GT-R)は06秒331で4番手となった。

 総合10番手にはST-1クラスの星野敏/荒聖治組(#777 D’station Porsche 911が09秒269)が付けた。

 ST-2クラスは総合14番手に大澤学/後藤比東至組(#59 DAMD MOTUL EDWRX STI)が16秒567で、ST-3クラスは総合15番手に昨年の最終戦でデビューを果たした番場琢/平沼貴之/服部尚貴組(#68埼玉トヨペットGBマークXG’s)が16秒919でそれぞれトップタイムを記録した。

 ST-4クラスは植松忠雄/井出有冶/石川京侍組(#41TAKUMI×HERO’S SSR ings S2000)が22秒974、ST5クラスは松尾充晃/三木孝浩/大岩浩気組(#11隈元建設×BSRWM☆Vitz)が32秒272とそれぞれクラストップのタイムをマークしている。

 決勝レースは、午後12時15分から5時間の予定で行われる。

Text: Keiichiro TAKESHITA
Photo: Keiichiro TAKESHITA
Hiroshi ICHIMURA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース