Archives

  • [—]2020 (195)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:第3戦鈴鹿予選「セカンドチャンス100」 総合トップは#15岡部自動車Z34

st-rd3-2nd-start-gr1

st-rd3-2nd-start-gr2

st-rd3-2nd-after-start-st4

st-rd3-2nd-7-trouble-2

st-rd3-2nd-sc

st-rd3-2nd-after-sc-st3

st-rd3-2nd-505

st-rd3-2nd-15

st-rd3-2nd-58

st-rd3-2nd-88

スーパー耐久2016第3戦「SUZUKA”S耐”サバイバル」のレース形式の予選「セカンドチャンス100」が6月11日午後、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、総合トップとなった#15岡部自動車DIXCELチームテツヤZ34(長島正明/田中徹/田中哲也組)を始め、出走36台中22台が明日の決勝に駒を進める権利を得た。

スーパー耐久初の試みとなるレース形式での敗者復活戦、「セカンドチャンス100」は午後4時10分より100分間で行われた。
参加したのはST-2、ST-3、ST-4、ST-5の各クラスにおいて午前中の予選で4位以下に終わった36台。
この中からレース結果に基づいてST-2は3台中1台、ST-3は5台中3台、ST-4は20台中13台、ST-5は8台中5台の計22台に明日の決勝進出の権利が与えられる。

序盤からトップ争いを展開したのは#68埼玉トヨペットGBマークXG’sと#34assetテクノRC350のいずれもST-3クラスの2台。
しかし34号車は19周めのデグナーでコースを飛び出してしまい、そのままリタイヤとなってしまった。
さらに68号車も、残り25分で2度めのピットストップを行った際に#15、#23の2台の岡部自動車Z34の先行を許してしまった。
それでも68号車は総合4位、ST-3クラス3位でフィニッシュ。見事決勝出走の権利を得た。

わずか1台の狭き門となったST2クラスはエンジンブローによりコース上にオイルを撒き散らしてセーフティーカーランの原因を作った#7恒力技巧⭐︎新菱オートDXLエボIXのリタイヤなどもあり、#505ビズキューブレーシングランサーXが決勝進出。

出走20台と最大勢力のST-4クラスは#58ウィンマックステインワコーズDC5⭐︎KRPを筆頭にDC5インテグラ1台、トヨタ86が6台、スバルBRZが1台、FN2ユーロシビック1台、AP1S2000が3台とそしてNCロードスター1台が生き残った。

ST-5クラスは#88村上モータースMAZDAロードスターND、#17DXLアラゴスタ・NOPROデミオのマツダ勢が1-2を占め、以下新旧フィットが2台、NCP131ヴィッツ1台が決勝に進出。
特に最後の1枠をファイナルラップまで激しく争った#2ホンダカーズ野崎with CUSCO & FUJITSUBOと#71ピースMS NUTEC 制動屋Fit RSのバトルは場内を大いに盛り上げた。

スーパー耐久第3戦決勝は明日午後3時15分より4時間で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Keiichiro TAKESHITA
Hiroshi ICHIMURA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース