Archives

  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第5戦岡山レース1決勝会見 バンドーン「F1昇格も決まったし、スーパーフォーミュラでも勝てて最高の気分です」

sf-rd5-r1-ps-top3-director

優勝 #41ストフェル・バンドーン(DOCOMO DANDELION M41S SF14)
sf-rd5-r1-pc-vandoorne 最高の気分です。マクラーレンからのF1昇格も決まったし、スーパーフォーミュラでも勝つことができましたから。
フリープラクティスからクルマの調子が良く、レースではスタートも決まったし、ペースも良くて、ラップごとにリードを広げながら最後までレースすることができました。
2位 #2国本雄資(P.MU/CERUMO INGING)
sf-rd5-r1-pc-kunimoto 非常に残念です。スタートがああいうことになったのはチャンスだったんですが、クラッチのバイトポイントを探せなくて出遅れてストフェル選手に前に行かれてしまいました。そのあとのペースもストフェル選手が速くて徐々に離されましたが、何が悪かったかはわかっているので、明日に向けて修正できると思います。スタートの失敗も原因を突き止めて、しっかり準備したいと思います。
3位 #7ナレイン・カーティケヤン(SUNOCO TEAM LEMANS SF14)
sf-rd5-r1-pc-karthikeyan 最初のシーズンで勝つことができたストフェルには優勝おめでとうと言いたいです。
レースではいいスタートを決められました。難しい部分もありましたが、3位をキープすることが一番重要だと思っていました。後半に入ってクルマの調子が良くなったので、追い上げようと思いましたが、国本選手のペースも良くて追いつけませんでした。
チームもずっと苦しいレースを続けてきましたから、今日表彰台に上がれたのは本当に良かったと思います。これからもチャンスを逃さないように結果を出していきたいと思います。
優勝チーム監督 村岡潔(DOCOMO DANDELION M41S SF14)
sf-rd5-r1-pc-muraoka しばらく勝っていなかったので、ストフェルがやっと勝ってくれたことでチームとして責任を果たせたという思いが一番強いです。
ストフェルが走ることになってから、スーパーフォーミュラとチームがグローバルに評価されるということをすごく意識していました。富士のポールと今回の優勝を得ましたが、グローバルに注目を集めるにはもう少しポールと優勝を取ってもらわないといけないと思うし、国本くんや野尻くんらの若手がもっと表彰台に上がってくれればなと思う欲深い私です。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース