Archives

  • [—]2020 (92)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第5戦オートポリスフリー走行2位回目 アンドレア・カルダレッリがトップタイム

 全日本選手権スーパーフォーミュラ第5戦は13日、大分県のオートポリス(1周・4.674km)でフリー走行2回目を行い、アンドレア・カルダレッリ(LENOVO TEAM IMPUL)が1分29秒425でトップタイムを記録した。

sf-rd5-f2-20 sf-rd5-f2-11 sf-rd5-f2-19

 徐々に雲間が広がり太陽も顔を出すようになってきた午前9時30分、30分間のフリー走行2回目が始まった。

 開始直後に、タイムを出してきたのがジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(LENOVO TEAM IMPUL)で1分30秒964。オリベイラはこれを開始6分過ぎ1分29秒586までタイムアップ。しかしすかさずチームメートのアンドレア・カルダレッリ(LENOVO TEAM IMPUL が1分19秒425で逆転しトップに立つ。

 その後、伊沢拓也(REAL RACING)がインパル勢の間に入って2位に食い込むとこの3人のタイム/順位は終了まで変わらず、カルダレッリがトップでフリー走行は終了した。

 Q2で敗退したインパル勢、伊沢がトップ3を占め、4位には塚越広大(REAL RACING)、5位には予選最下位だった中山雄一(KCMG)が、6位には予選17位のナレイン・カーティケヤン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が入った。

 各チーム、決勝に向けてのセッティングに専念していると思われ、Q3に進出したドライバーでトップ6に入ったのは塚越のみ。ポールポジションの石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)は7位、予選2位の小林可夢偉(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)は11位、予選3位の中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM'S)は8位でフリー走行を切り上げた。

 今回は昨年と違い左側に給油口が設けられたためピットストップのタイミングが明暗を分ける250kmレースとなった。決勝スタートは本日13日、午後3時。54周のレースを制するのは誰になるのであろうか?

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース