Archives

  • [—]2019 (80)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第4戦もてぎ決勝 上位3人のコメント

sf-rd4-r-ps-top3

優勝 #38石浦宏明(P/MU CERUMO INGING)
sf-rd4-r-pc-ishiura 自分のレース人生でこんなに順調だったことはなかったんで。
昨日の記者会見で「逃げるレースをする」とは言ってたんですけど、スタートしたら後ろをどんどん離していけて、前回勝った時とは違って一人でレースしてる感じでしたが、後半の一貴選手のペースにはびっくりしました。後ろとのギャップを見てプッシュしてもその分追いついてくるんで、序盤の差はなんだったんだろう?と思いながらプッシュしていました。あと何周かあったら完全に追いつかれちゃったんで、全く油断できないなと。最後まで集中を切らさないように走りました。
2位 #1中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM’S)
sf-rd4-r-pc-nakajima 今週の流れとしては決して悪くなかったですし、予選も最終コーナーで失敗していなければ2番になれてたかもしれないし、2番になってたらスタートでどうなってたか。そういう意味では何がどう転ぶかわからないなあと思いました。
スタートは狙ってました。とはいえ1コーナーでどこまでいけるかと思ったんですが、内側も濡れてましたし、全てが良い方に転がったなあと。可夢偉をアウトから抜けたのは大きかったですね。
前回2戦と比べれば、最後巻き返すことができましたし、もてぎは決して得意ではなかったのに良いレースができたので最後3戦取りにいけるかなあと思います。
3位 #19ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(Lenovo TEAM IMPUL)
sf-rd4-r-pc-oliveira 今回については全てに満足しているわけではありません。優勝したかったので、表彰台でOKってわけじゃありません。予選で僕が二つミスをしました。そのことが悔やまれます。特に今日のグリッドは右側が濡れていたので、出てすぐにトラクションが足りないのがわかりました。すぐにラインを変えることができましたが、カムイの後ろを走ることになり、このままでは表彰台も獲得できないと思って戦略を変えました。
アンドレも同じような戦略をとったようで、二人同時にピットインしました。彼はタイヤ交換に時間がかかったみたいで、僕が前でピットアウトすることができました。
その後は後ろとのギャップを見ながら走りました。
優勝チーム監督 立川祐路
sf-rd4-r-pc-tachikawa 第2戦で優勝して、こんなにすぐ2勝目がくるのかなと。僕も監督として2回目の優勝で、ちょっとはこの会見にくるのも慣れたかなあと。このところ石浦選手は絶好調で、フォーミュラ以外のカテゴリーもそうだし、ほんとこう「乗れてんなあ」という感じです。
あとは本当にチームみんなの力だと思うんで、すごく感謝しています。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース