Archives

  • [—]2020 (168)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:「オープニングラップ」は2014王者の#1中嶋一貴がトップでチェッカー、#8小林可夢偉は2位でフィニッシュ

全日本選手権スーパーフォミュラ・シリーズ開幕前のデモレース、「SUPER FORMULAオープニングラップ」がモータースポーツファン感謝デーの行われている鈴鹿サーキットで行われ、めまぐるしいトップ交代劇の後、2014年チャンピオンの#1中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM’S)がトップでチェッカーを受けた。

sf-ol-start3 sf-ol-1b sf-ol-8b

今回はファン感謝デーのアトラクションの一環として、レース距離は7周、グリッド順は5位以下は昨年のランキング順、1〜4位はホンダ、トヨタ、それぞれのエンジンを使うドライバーの中から日本レースプロモーション(JRP)が2名ずつを選抜した形で決定され、午前11時29分にフォーメーションラップが開始された。

スタートで勢いよくトップに飛び出したのは#8小林可夢偉。 しかしポールシッターの#1中嶋が1コーナーで大外からかぶせてトップを奪い返す。 その後方からは#40野尻智紀が接近してきて1周終わりのシケインで#8小林のインに飛び込んで2位に浮上すると、2周終わりのホームストレートでスリップを使って#1中嶋をもパスしていく。 すると#34小暮卓史も3周目に#8小林をパス、続くホームストレートでインから#1中嶋に並びかけて2位に浮上、4周終わりのホームストレートではオーバーテイクボタンを使って#40野尻をパスしてトップに立つ。 その後も5周終わりのストレートでは#8小林が、6周終わりのストレートでは#1中嶋がトップに、という展開でレースは進行し、最終的に#1中嶋が逃げ切ってトップでチェッカーを受けた。

なお、今回のファステストラップは10番グリッドからスタートして11位でフィニッシュした#16山本尚貴が6周目に1’39.939と、トップ4人を大幅に上回るタイムを記録した。

全日本選手権スーパーフォミュラ・シリーズの2015年第1戦は来月18-19日にここ鈴鹿サーキットで開幕する。

Text : Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース