Archives

  • [—]2020 (161)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第9戦富士決勝 上位3人のコメント

f3-rd9-r-podium

優勝 #37ニック・キャシディ(トムス)
f3-rd9-r-pc-cassidy びっくるするぐらいに嬉しいです。スタートは悪くなかったんですが、1コーナーでアウトにいたせいで高星選手だけでなくホンダのクルマにも抜かれてしまいました。でもストレートスピードはこっちの方が速かったので、すぐにホンダの前に出ることはできました。
今日は終始クルマが速かったので、常に速いペースで走れました。終盤タイヤを消耗させてしまいましたがトップに立つことができました。
ここまで開催したすべてのコースで勝っているので、次の岡山も自信があります。
2位 #23高星明誠(B-MAX NDDP)
f3-rd9-r-pc-takaboshi 今日のレースではスタートに集中していました。狙ったとおりに行けてトップに立ち、最初の1,2周で離すことができましたが、セットアップを今日に向けて変更していたためかペースが上がらず、逃げられないのはわかっていたので、どうやって抑えるかを考えて走って15周くらいまでは抑えたんですが、ブレーキングで抜かれてしまったのは悔しかったです。そこからはスリップを使ってファステストラップを狙っていたんですが、やっぱり追いつけませんでした。
このところ3位が続いていたので、トムスの間に割って入れたのは良かったんですが、勝てたレースだったと思うので、そこは悔しいです。
今回の富士でいいところをみつけているので、今後は戦えるのかなと思います、次の岡山でもいいレースをしたいと思います。
3位 #36山下健太(トムス)
f3-rd9-r-pc-yamashita スタートは悪くなかったんですが、福住選手の方が速くて前に行かれてしまいました。そのあとは福住選手の後ろでチャンスをうかがっていましたが、むこうはストレートが速くてなかなか抜けず、その間にタイヤにフラットスポットを作ったりもしました。最終的には昨日と同じような形で抜くことができましたが最後ぶつかってしまいましたが、あれは僕は悪くないと思います。
速さはあったのに、前の二人に離されてしまったのは残念です。
Nクラス優勝 #38小河諒(トムス)
f3-rd9-r-pc-ogawa スタートは良くなかったんですが、一度利が良くてトップのまま1コーナーに入れました。チャンピオンシップクラスのクルマに追いついてしまい、ダウンフォースが抜けたところを最終コーナーで三浦愛選手につかれましたが、すぐにストレートで抜き返せました。混戦の中でどうやって走るかを考えていかないと、今後も厳しい戦いになっていくのかなと思います。
後半は予選と同じくらいに攻めて走っていたんですが、チャンピオンシップクラスのクルマが後半ペースを上げているのに自分は下がってしまったので、ドライビングやタイヤの使い方など、まだまだ考えないといけないと思います。
チャンピオンシップクラスとの差が今2.5秒ありますが、これを2秒に詰めていけるよう頑張ります。それができないようだと来年がないと思いますので。
Nクラス2位 #3三浦愛(EXCEDY)
f3-rd9-r-pc-miura 今日のスタートは良くも悪くもなく、ポジションはキープできましたが今の自分のラップタイムだと絶対トップに立てないと感じていたので、小河選手がチャンピオンクラスに詰まっているのを見てせめてもの抵抗でインに入ったんですが、そのあとまた離されてしまい、昨日より差が開いてしまいました。昨日からセッティングを変えてみたんですが、少し違う方向に行ってしまったようです。
今日のクルマの状態の中では精一杯走れたとは思います。
シーズンの最初の頃はチャンピオンシップを意識して走っていましたが、今はそんなことを言ってられる状態じゃないので、とにかく一戦一戦自分自身のラップタイムを上げて、最終的にはまた優勝したいと思います。
前回の岡山は内容的に良くなかったので、今回のことも含めて少しチームと考えてクルマもドライバーもレベルアップしていきたいと思います。
Nクラス3位 #30DRAGON(B-MAX)
f3-rd9-r-pc-dragon 今日は少しでも抵抗できるように、ってことでニュータイヤを残して第2レースに比重を置いた作戦をとったんですが、予選での速さが足りていないこともあっていつもと同じ結果になってしまいました。それでもタイヤの良さも手伝って14~15周くらいまでは前が見える位置にいたので、岡山までにもう少し何か改善できればと思います。
次の岡山でもとにかく予選で前に近づくことを目標にしたいと思います。決勝はF3の性格上ミスさえしなければ後ろに下がることはないと思うので、とにかく予選を頑張りたいです。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum
Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース