Archives

  • [—]2019 (407)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

F4東日本シリーズ

F4E:東日本第4戦SUGO決勝 牧野任祐が今季4連勝! シリーズチャンピオンも決定

f4e-r4-r-11-grid

f4e-rd4-r-start1

f4e-rd4-r-start2

f4e-rd4-r-12vs10

f4e-rd4-r-11

f4e-rd4-r-14

f4e-rd4-r-12

 JAF地方選手権F4東日本シリーズは24日、宮城県のスポーツランド菅生(1周・3.704256km)で第4戦の決勝を行い、牧野任祐 (DODIE・制動屋・ルーニー)が20分11秒740で今シーズン4勝目を飾り、早々にシリーズチャンピオンも決めた。

 スポーツランド菅生は朝から強烈な日差しで夏の様な暑さの中、10時30分よりフォーメーションラップを開始。

 今回のスタートは2番グリッドの根本悠生(GUNZE・ZAP F108)が絶妙なクラッチミート。ポールの牧野任祐を出し抜き1コーナーへ飛び込みホールショットを決めたが、ポールの牧野任祐は1周目の馬ノ背コー ナーですぐにトップを奪い返す。

 また5番グリッドの太田達也(佐藤製作所ミストKKZS制動屋)がロケットダッシュで1コーナーまでに3位に浮上、3番グリッドの加藤智 (FEEL・RK01・TODA)がそれに続く。

 その後も3位争いは太田達也と加藤智で激化するが、終盤までオーダーが変わらないままファイナルラップへ。

 第4戦はトップに立った後の牧野任祐が容赦なくリードを拡大。結局そのまま逃げ切り4連勝を飾るとともに2015年のシリーズチャンピオンもここ菅生で決めた。

 2位は根本悠生、3位には序盤の逆転から加藤智に迫られるもポジションを守り切った太田達也が入り、嬉しい今シーズン初表彰台となった。

 次戦最終戦となる第5戦は9月26日に富士スピードウェイで開催される。

f4e-rd4-r-park f4e-rd4-podium

Text & Photo: Hiroshi ICHIMURA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース