Archives

  • [—]2019 (68)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:第2戦SUGO トラブルに阻まれ13位完走に留まる (A-ONE)

 5月24日~25日、スーパー耐久シリーズ2014第2戦「SUGOスーパー耐久3時間レース」が宮城県スポーツランドSUGOで開催されました。#333 GLORY A-ONE FN2 野間/中島/藤田組はST4クラスで予選10位、決勝13位で完走しました。

st_r02-333-04.jpg

■レース概要
  • 大会名 スーパー耐久シリーズ2014第1 戦 もてぎスーパー耐久
  • 日時 2014年5月24日(土)5月25日(日)
  • 場所 スポーツランドSUGO(宮城県)
  • 入場者数 5月24日(土)1,800人/5月25 日(日)3,400人
■レース結果概要
  • 車名 333 号車 GLORY A-ONE FN2
  • ドライバー A:野間一 B:中島佑弥 C:藤田弘幸
  • 予選 ST4 クラス10 位(18 台中)
  • 決勝 ST4 クラス13 位(18 台中)
5 月24 日 予選(A/B)

 5月24日(土)13:00 から20分間のAドライバー予選2グループがスタート。#333 GLORY A-ONE FN2 野間選手は#13 ENDLESS ADVAN 86 の後方でコースイン。2周かけてじっくりとタイヤウォームアップを行います。1回目のアタックに入ろうとしたところ、最終コーナーでスローダウンした前車を避けてタイムロスをしてしまいます。2回目のアタックで1'35.011を記録しますが、タイヤの表面にタイヤカスが発生する現象が起きてしまい、タイムを伸ばすことができず予選11位となりました。

  • P1 #52 埼玉トヨペットGreenBrave 番場琢
  • P2 #93 SKR ENGINEERING S2000 吉本晶哉
  • P3 #92 SKR ENGINEERING S2000 中村嘉宏
  • P11 #333 GLORY A-ONE FN2 野間一

 13:55からBドライバー予選2グループがスタート。#333 GLORY A-ONE FN2 中島選手は、Aドライバー予選での状況を踏まえ、タイヤの内圧などに微調整を加えてコースイン。しかし、1周のアタックを終えた時点で赤旗によりセッション中断、アタックを中止します。

 コースオフ車両の回収が終わり、セッション再開。#333 GLORY A-ONE FN2 中島選手は、タイム更新を狙って再度アタックに入ります。再開後の2周目のアタックで1’35.590 を記録し、更なるタイムアップを目指しますが、クリアラップが取れず予選12位となりました。

  • P1 #93 SKR ENGINEERING S2000 太田侑弥
  • P2 #18 Y’s distraction 86 岡野陽朋
  • P3 #41 UEMATSU x TRACY SPORTS ings S2000 藤田竜樹
  • P12 #333 GLORY A-ONE FN2 中島佑弥

 予選総合結果はA/Bドライバーのベストタイム合算により決定され、予選10位となりました。タイヤ表面のピックアップという問題により、タイヤのグリップが上がらず苦戦を強いられました。さらには摩耗も厳しく、決勝に向けて対策を検討することとなりました。

  • P1 #93 SKR ENGINEERING S2000 吉本晶哉 / 太田侑弥
  • P2 #52 埼玉トヨペットGreenBrave 番場琢 / 服部尚貴
  • P3 #18 Y’s distraction 86 浅野武夫 / 岡野陽朋
  • P10 #333 GLORY A-ONE FN2 野間一 / 中島佑弥
5 月24 日 予選(C)

 続いて14:35 から20分間のCドライバー予選がスタート。このセッションは予選結果には反映されませんが、基準タイムをクリアしなければ決勝への出走が認められません。#333 GLORY A-ONE FN2 藤田選手は1'42.421を記録し、基準タイムをクリアしました。

  • P1 #13 ENDLESS ADVAN 86 小川諒
  • P2 #86 GAZOO Racing SPIRIT 86 影山正彦
  • P3 #58 ウィンマックスTEIN ワコーズKRP☆DC5 塩谷烈州
  • P15 #333 GLORY A-ONE FN2 藤田弘幸

st_r02-333-03.jpg

5月25日 ウォームアップ走行・ピットウォーク

 5月25日(日)8:15から30分間のウォームアップ走行が行われます。前半はセーフティカーのシミュレーションが行われ、#333 GLORY A-ONE FN2 は実際のSC導入時を想定してSC中のピットストップとドライバー交代、リスタートのシミュレーションを実施しました。

  • P1 #13 ENDLESS ADVAN 86 小泉和寛 / 村田信博 / 小川諒
  • P2 #41 UEMATSU x TRACY SPORTS ings S2000 植松忠雄 / 藤田竜樹 / 寺西怜央
  • P3 #86 GAZOO Racing SPIRIT 86 蒲生尚弥 / 井口卓人 / 影山正彦
  • P7 #333 GLORY A-ONE FN2 野間一 / 中島佑弥 / 藤田弘幸

 12:10から30分間行われたピットウォークは、エーワンレースクイーンの小林未来さんと石川靖子さんの2名を中心に、ドライバー達もファンサービスに努めます。S耐を訪れるファンには走行会などに参加するユーザーも多く、#333 GLORY A-ONE FN2 の足回りを支える「KW サスペンション」のカタログやドライバー達の解説にも関心を寄せていました。

st_r02-333-01.jpg

5月25日 決勝

 5月25日(日)今回は3時間レースのため、2回ストップ・3スティントの構成が基本となります。この場合、1スティントで最低1時間はタイヤを持たせて走ることが必要となります。タイヤの摩耗に不安を抱える#333 GLORY A-ONE FN2 としては、予選のタイヤで走ることが義務付けられている第1スティントを1時間走りきることが最初の大きな課題となります。

 スタートは野間選手が担当し、#333 GLORY A-ONE FN2 はクラス10番手からスタートです。前方の8番手グリッドには、前回優勝の#58 ウィンマックスDC5小林選手がいます。

 2周のローリングを終えて第2戦SUGOのスタートが切られます。#333 GLORY A-ONE FN2 野間選手は好スタートを決め1コーナーのブレーキングで#40 TRACY S2000 たしろ選手を抜きますが、2コーナーで抜き返されます。最終コーナーの先では#86 GAZOO 86 がピットインし、9番手へと上がります。3周目には#52 埼玉トヨペット86 平沼選手を抜き8番手、4周目のSP コーナーでは#40 TRACY S2000 たしろ選手がコースアウトしたため7番手、7 周目1コーナーでは#18 Y’s distraction 86 浅野選手がブレーキトラブルでコースアウトし、#333 GLORY A-ONE FN2 野間選手は6番手に上がります。

 その後、#58 ウィンマックスDC5小林選手を追いかけながらタイヤを温存する走行を続けます。しかし、10周目には後方から追い上げて来た#48 DIJON DC5 富田選手に抜かれ7番手に後退。30 周目には上位のルーチンピットで6番手、33周目には上位のトラブルで5番手へと浮上します。

 スタートから50分ごろからタイヤが限界を迎え、ペースが上がらなくなってきてしまい、34周目には#12 VivaC FD2 に抜かれ6番手に後退し、そのままピットインします。

 予定の1時間ちょうどでピットインした#333 GLORY A-ONE FN2 はタイヤ交換と給油を行い、中島選手がピットアウトします。#333 GLORY A-ONE FN2 中島選手は10番手でコースイン。40周目には#73 AUTOBACS DC5 のピットインで9番手に浮上します。#333 中島選手はハイペースで安定したラップを刻み続け、49周目には8番手、56周目には#40 TRACY S2000 のピットインで7番手に戻します。

 しかし、65周目にフロントタイヤから大きな振動が出始めたため、中島選手は素早い判断で緊急ピットイン。フロント左ハブボルトの折損が原因でした。素早くピットに戻って来たことで、被害はハブボルトのみで済みました。作業時間を短縮し規定周回数を満たせば完走扱いになるため、メカニックは迅速にハブ・ナックル交換作業に入ります。

 素早く交換作業を終えた#333 GLORY A-ONE FN2 には野間選手が乗り込み再びコースインします。この時点で16周遅れですが、データ取りの為にも全力でプッシュし、69周目にはベストとなる1'34.349を記録。最終ラップまでマシンのバランスを詳細に観察し、タイヤ摩耗の原因などを探って13位でフィニッシュしました。レース後、作業時間の扱いの相違から最大運転時間オーバーと判定されタイム加算がありましたが、順位に変動はありませんでした。

  • P1 #13 ENDLESS ADVAN 86 小泉和寛 / 村田信博 / 小川諒
  • P2 #92 SKR ENGINEERING S2000 中村嘉宏 / 浜野彰彦 / 井入宏之
  • P3 #86 GAZOO Racing SPIRIT 86 蒲生尚弥 / 井口卓人 / 影山正彦
  • P13 #333 GLORY A-ONE FN2 野間一 / 中島佑弥 / 藤田弘幸

st_r02-333-05.jpg

まとめ
チーム代表 大河原一
 「開幕の雨のレースから一転、SUGOはシビックタイプRユーロにとって不利なレイアウトであり、さらに改修された舗装のデータもないことから苦しい展開が予想されていました。公式練習の段階からS2000と86のFR勢に大きく水をあけられ、予選ではFF勢としては2番手につけたものの、決勝ではタイヤの摩耗が厳しく後退する形となりました。このような厳しい状況でいかにポイントを取るかが、シーズン展開上の重要なキーと考えてレースを組み立てていきました。しかしながらトラブルでレースを失う形となってしまい、とても悔しい結果となってしまいました。必ず原因を究明して再発を防ぎます。また、トラブルに対してメカニックの迅速な作業で再びコースに戻れたことは、マシンの弱点を分析する上でとても重要なことでした。次の富士はシーズン最大の7時間耐久です。今回のデータを分析しリベンジを果たせるようチーム全員で力を合わせていきます。今回も多くのご支援ご声援をいただき、大変ありがとうございました。これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願いいたします」

st_r02-333-02.jpg

GLORY RACING TEAM A-ONE Race Report


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース