Archives

  • [—]2020 (137)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第14戦富士公式予選 #50千代が初ポール獲得!

全日本F3選手権第14戦の公式予選が10月19日、富士スピードウェイで行われ、#50千代勝正(B-MAX)が1'33.760で今季初のポールポジションを獲得した。

f3_r14_q-50 f3_r14_q-37 f3_r14_q-7 f3_r14_q-23 f3_r14_q-38 f3_r14_q-6

昨年に引き続いて全日本F3選手権の最終ラウンドはWEC富士6時間との併催に。
公式予選は午前11時30分より各10分間で行われた。

今大会は来月のマカオGPに出場を予定している関口雄飛がB-MAXからスポット参戦。
昨年仕様のエンジンで戦われるマカオの規定に合わせ、トヨタ1AZ-FEをダラーラ312に搭載、シーケンシャルシフト仕様で出走したが、最新スペックの直噴エンジンにパドルシフトを組み合わせたレギュラー参戦組には今一歩及ばず、このセッションは5番手に終わる。
また、関口と同様に1AZ-FEでの出走を予定していた#36中山雄一(トムス)は体調不良により残念ながら今大会をリタイヤすることになった。

そうした中、ポールポジション争いは#37勝田貴元(トムス)と#50千代勝正(B-MAX)との間で展開されることになり、最終的に1'33.760を記録した千代が今季初のポールポジションを獲得することになった。

また、Nクラスは既にタイトルを決めている#23高星明誠(NDDP)が1'35.748でトップ、#38ナニン・インドラ・パユーング(トムススピリット)が2番手だった。

第14戦決勝は今日の午後2時50分より21周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース