Archives

  • [—]2019 (407)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3第12戦 スポーツランドSUGO 決勝


今回もスタートの出来が全てだった(Photo:K.Takeshita)

全日本F3選手権第12戦決勝が、8月1日スポーツランド菅生にて行われ、#4ロニー・クイン
タレッリ(INGING)が昨日の第11戦に続いて連勝した。
2位は#10ファオ・パオロ・デ・オリベイラ(Honda M-TEC F106)
ポールポジションの#3横溝直輝(INGING)は今回もスタートを決められず、3位に終わった。

午前11時40分、レースは定刻にスタートした。
昨日スタートを失敗して初優勝を逃した横溝は、今回もクインタレッリに先行される
が、1コーナーまでに必死の挽回を試みる。しかしチームメイトとの同士討ちを避ける
ために立ち上がりでアウトに膨らんでしまい、直後につけていたオリベイラにまで抜か
れてしまう。
トップのクインタレッリは序盤から順調にリードを築き上げていくが、9周目以降は
オリベイラのラップタイムが勝り始め、徐々にトップ3のギャップは縮まっていく。
そして遂に18周目でトップとの差は0.8秒にまで迫り、さらに3位の横溝もオリベイラ
との差を1.1秒まで縮めてきた。しかしここからクインタレッリも再びペースを上げ、
1秒前後の間隔を守りきってフィニッシュ、今季6勝目を挙げた。

その後方では4番手スタートの#14柳田真孝と#12ファビオ・カルボーンのスリーボンド勢
同士の激しい4位争いが2周にわたって繰り広げられ、カルボーンが3周目の1コーナー
立ち上がりで柳田をかわして4位に立ち、トップ3を追う。
カルボーンは3位横溝との差を一時は1.4秒まで縮めて見せたものの、追撃もそこまで
だった。

さらにその後では#7山本左近(トムス)を先頭に#1リチャード・アンティヌッチ(トムス)、
#8中嶋一貴(トムス)、武藤英紀(戸田レーシング)らが一団となって柳田を追う。
この集団の中では中嶋に勢いがあり、6周目のハイポイントコーナーでアンティヌッチ
を抜き去ると、そのまま猛然と山本の追走にかかり、遂に13周目の4コーナーで並びかけ
る。両者はそのままサイドバイサイドでハイポイントコーナーへ突入するが、イン側の
山本の左フロントタイヤが中嶋の横腹にヒットしてしまい、中嶋はスピンオフ。山本も
左フロントタイヤをバーストさせてクルマを止めてしまった。
この混乱に乗じて#2武藤が6位に上がるが、既に5位柳田との差は大きく開いてしまって
いた。
2004年8月1日 スポーツランドSUGO(宮城県) 決勝 天候:晴れ/コース:ドライ
-P.-No.-Driver--------------------------Car---------Engine----Lap--Gap---
 1   4  ロニ・クインタレッリ            D   F302    T 3S-GE   25    -
 2  10  ファオ・パオロ・デ・オリベイラ  L-D F106/03 H MF204C  25   0.921
 3   3  横溝直輝                        D   F303    T 3S-GE   25   4.272
 4  12  ファビオ・カルボーン            D   F303    N SR20VE  25   5.655
 5  14  柳田真孝                        D   F302    N SR20VE  25  18.871
 6   2  武藤英紀                        L-D F106/03 H MF204C  25  20.694
 7   1  リチャード・アンティヌッチ      D   F304    T 3S-GE   25  26.289
 8  32  小早川済瑠                      L-D F106/03 T 3S-GE   25  34.418
 9  19  柴田裕吉                        D   F302    T 3S-GE   25  52.137
10  50  磯崎元彦                        D   F304    T 3S-GE   25  52.812
--------------------以上完走---------------------------------------------
     8  中嶋一貴                        D   F304    T 3S-GE   20    5Lap
     7  山本左近                        D   F304    T 3S-GE   12   13Lap
    33  池田大祐                        L-D F106/03 T 3S-GE    9   16Lap
   *36  番場琢                          D   F304    T 3S-GE    9   16Lap
--------------------------------------------------------------------------
参加台数:14台 出走台数:14台 完走台数:10台
ファステストラップ #10ファオ・パオロ・デ・オリベイラ 1'20.780(9/25Lap)

*印のカーナンバー36の車両は、国際モータースポーツ競技規則付則L項違反により、
訓戒及びペナルティポイント1点が課された。

Dはダラーラ、L-Dはローラ童夢
Tはトムストヨタ、HはM-TECホンダ、Nはスリーボンドニッサン


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース