Archives

  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

JF3000:コスモ・チーム予選リリース

《コスモ・チーム 予選リリース》   9月16日
  全日本F3000 選手権第7戦「TOKACHI INTERNATIONAL
 F3000」が9月16日~17日、前回より2台少ない19台のエントリーを集め、
 十勝インターナショナルスピードウェイ・グランプリコースで開催となった。
  ここ十勝では過去2回、F3000 のレースが開催されているが、いずれも選手
 権外のエキジビジョンであった。
  初の選手権シリーズとなったこの北海道十勝での第7戦、COSMO OIL RACING
TEAM CERUMO トム・クリステンセンは、シリーズポイント・トップではあるが
 前回の富士でで鈴木選手に同ポイントでトップに並ばれている。
  16日の第1回目予選ではドライ・コンディションだが、大型台風13号の日本
 接近で、明日の予選/決勝の天候が気になっているだけに、今日の予選で少し
 でも良いポジションを確保したいところだ。
☆ 予選1回目
  エキジビジョンであった昨年の十勝でのレースは雨だったため、各チームの
 データは十分揃っていない。
  予選開始早々、勢いよく飛び出していった COSMO OIL RACING TEAM CERUMO
 トム・クリステンセンは、計測開始3周目に1分46秒091 でトップに躍り出た。
  しかしその後、各チームともタイムを上げ、トップは1分43秒台、それを追
 うトム・クリステンセンは調整を行ない、残り6分再びコースイン、タイムア
 タックを開始した。
  上位7台が1分43秒台につける中、予選残り2分、1分43秒649で5位に浮上
 した。しかし予選残り0分、 COSMO OIL RACING TEAM CERUMO トム・クリステン
 センは唯一の1分42秒台を叩き出し、2番手の高木選手に 0.3秒の差をつけ、
 暫定ポールポジションを獲得した。
☆ トム・クリステンセンのコメント
 「予選終了寸前でトップタイムを出せたのはラッキーだった。
 多少アンダーステアだったので、フロント・リヤのウィングを調整してもらい、
 タイムアタックをした。 ドライでのマシンセッティングはベストの状態だ。
  明日の決勝レースは雨が予想されるが、ポールポジションからのスタートが
 できれば良い結果が出ると思う」
☆ チーム監督のコメント
 「今日の予選は明日の天候を考慮してチームの判断で2セットのタイヤを使っ
 た。 1セット目のアタックはアンダーステア傾向だったので、前後ウィング
 と車高を調整して2セット目のタイヤでアタックをさせ、最後の最後で暫定の
 ポールポジションを獲得することができた。
  明日は雨とみているが、かりに晴れてもこのタイムを上回ることは難しいと
 思う。ここ十勝で初めての正式なレースで、良い結果を残せるよう頑張る」
           提供: COSMO OIL RACING TEAM CERUMO
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース