Archives

  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

ANABUKIレーシングチーム レポート Rd.2-2

            ANABUKIレーシング・チーム
     1995年 全日本F3選手権シリーズ第2戦 レースレポート
    「ああ無情、今季初ポールポジションは雨に流れて」の巻 その2
<決勝レース>
 今季初優勝への期待を背負って迎えた日曜日。天気予報は、F3決勝が行われる午
後の降水確率は40~50%と、気になる予報を発表していました。
 早々とサーキット入りした本山選手も、ちょっと心配そうに天を見上げていました
が、「もし雨が降っても大丈夫。完全とはいえないまでも、マシンは満足できる仕上
がりになってますから」とニッコリ。こんなに待ち遠しい決勝レースは初めてです。
 しかし、午前12時をまわる頃、ついにポツリポツリと落ちはじめた雨は、午後1時
過ぎにはすっかり本降りになっていました。
 F3に先立ってF3000の決勝レースが行われる予定でしたが、コース上は川の
ようになってしまい、とても危険でレースができる状態ではありません。
 午後2時30分。主催者側がF3のドライバーおよびチーム関係者を集め、残念な
がらコースコンディション不良による第2戦の中止を発表。
 これにより全10戦が予定されていた '95年全日本F3選手権は1戦少ない、全9戦
で闘われることとなりました。
◇本山 哲選手のコメント◇
 92年の第2戦以来二度目、童夢チームとしては初めてのポールポジションだったの
で、どうしてもレースがしたかった。天を恨んでも仕方ないけど本当に残念ですね。
 でも、記録には残らない幻のポールポジションになってしまいましたが、自分のな
かで大きな自信となって活きてます。
 次の第3戦筑波は前にポールポジションを取ったサーキット。ゴーカート場のよう
なコース・レイアウトは、カート出身の僕は好きだし、得意なほうです。
 自分を含めて全てがいい感じで廻ってきたこの雰囲気を、そのまま筑波戦へつなげ
て、次こそ決勝レースでトップに立ちます。
◇松本恵二監督のコメント◇
 天候不良による仕方なしの主催者決定とはいえ、集まってくれたファンやスポンサ
ーの皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 われわれチームとしても大きなチャンスを掴んでいただけに悔しさ一杯だが、明ら
かに危険な状況のコースへドライバーを送りだすわけにはいかない。
 ただ、ポールポジション・タイムを叩きだした本山の走りと、マシン・セッティン
グは納得できる収穫が得られた。
 次戦の筑波ではきっと初勝利を掴んで、応援して下さる皆様のご期待にそいたいと
思います。
                        第2戦 レポート(了)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース