Archives

  • [—]2020 (144)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3 Rd.2 予選2回目レポート

        第19回インターナショナルフォーミュラカップレース
          1995年全日本F3選手権 第2戦
第2次公式予選リポート
 #33道上 龍が、第1回目の予選からタイムを縮め、当セッションのトップ
タイムをマークするも、#6本山 哲にはおよばず、#6本山のポールポジショ
ンが確定した。
----------------------------------------------------------------------
 第2回目の公式予選開始後、しばらくは1分32秒台で推移する。
 7分経過、#9脇坂 寿一(ASSO DALLARA無限)が1分32秒
477でトップ。この後、#32横林 直樹(ダラーラF395・TOM’S)
と#16土屋 武士(ENDLESS F394-J)も1分32秒台に入るが、
#9脇坂のトップは変わらず。#16土屋は、Jクラスのトップである。
 14分経過、#32横林が1分32秒698でトップに。
 15分経過時点での順位は、
  1位 #32 横林 直樹
  2位 #16 土屋 武士(Jクラス)
  3位 #27 川本 篤
  4位 #9 脇坂 寿一
  5位 #8 早田 岳史
  6位 #23 加藤 寛規
 #16土屋は更にタイムを縮めて、1分32秒311。これは同じJクラスの
#4西宮 圭一(TOMEI SPORT OPEL)が予選第1回目でマー
クした1分32秒615を上回るタイムである。
 16分経過、#7ペドロ・デ・ラ・ローサ(TOM’SダラーラF395)が
1分31秒700。
 一部のドライバーは、タイムアップを果たしているが、ほとんどが第1回目
のタイムを更新できないでいる。
 22分経過、#33道上 龍(ダラーラF395・TOM’S)が1分31秒105
をマーク。
 暫定ポールの#6本山 哲(ダラーラ395無限)は、まだ1分32秒台。
 26分経過、#6本山、#9脇坂が1分31秒台。しかし、#33道上には届かな
い。
 #4西宮がJクラスのトップタイム1分31秒637を出して、予選は終了。
 #33道上、#7デ・ラ・ローサ、#9脇坂らが、予選1回目の自己のタイム
を上回ったが今一歩届かず、#6本山のポールポジションが確定した。
報告:GEA00555★進藤 泰昭


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース