Archives

  • [—]2020 (195)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3000 Rd.2 公開練習の模様

        第19回インターナショナルフォーミュラカップレース
            1995年全日本F3000第2戦
●公開練習の模様
 午後4時45分、予定通りに公開練習が開始された。
 予選とは異なり、開始直後から多くのマシンがコースに入り、走行を重ねた。
 真っ先にコースインしたのは、#65黒澤 琢弥(PIAA REYNARD)。
しかし、#65黒澤のマシンはオイル上がりのため、オレンジボール旗が振られ
てしまう。
 このセッションでの注目は、#24服部 尚貴(LeMan’s REYNA
RD)。精力的に周回を重ねて、#20アンドリュー・ギルバート- スコットの
暫定ポールタイムに迫る、1分15秒945をマーク。
 #7影山 正美(ADVANローラMF308)、#25山本 勝巳(X-J
APAN REYNARD)、#64高木 虎之介(PIAA REYNARD)、
#5ジェフ・クロスノフ(5ZIGEN REYNARD)、#33清水 正智
(カストロール ローラ)らも、朝に行われた第1回予選の自己タイムを上回
り、明日の最終予選と決勝に向けての期待が膨らむ内容となった。
 セッション終盤、コース上にマシンが止まり、4分間の赤旗中断があったこ
とを除けば、おおむね落ち着いた公開練習であった。
 明日の天気は地元気象台の発表によると、今夜から明日の朝にかけて一旦
崩れた後、回復に向かうとの予報が出ている。
報告:GEA00555★進藤 泰昭


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース