Archives

  • [—]2020 (34)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

F3000:鈴鹿タイヤテスト速報(2/22)

 速報!
     モータースポーツシーズン、いよいよ到来!
  ――注目の国内最高峰F3000開幕戦まで残り1ヶ月――
    2/22(水)F3000マシンタイヤテスト速報!
 国内、外のトップドライバーたちが国内最高峰のF3000マシンをあやつり、全9
戦の白熱のレースで“日本一速い男”を争う全日本F3000選手権シリーズ――今年
も3/18(土)、19(日)の「ミリオンカードカップレースラウンド1鈴鹿」で興
奮の幕が切っておとされる。
 そして開幕まで残り1ヶ月を切った2/22(水)、注目のF3000マシンタイヤ
テストが鈴鹿サーキット国際レーシングコース((1周5.86403km)で開催さ
れた。
 テストに参加したマシンは15台。今回参加していないチームをプラスすると、開幕
戦には20台近いマシンが揃い、例年どおり国内トップカテゴリーにふさわしいスター
トが切られそうだ。
 今年、マシンのレギュレーションが変更され、各チームは、それに対応した各部の変
更、調整を行ないつつ、プログラムに従ってテストは進められていった。また、’95
年モデルのローラ、レイナードのシャシーも今日シェイクダウンを行ない、トラブルも
なくまずまずの初日を終えている。
 ドライバーの顔も昨年の終盤戦から若返り、その中のひとり影山正美は、午前中のセ
ッションでトップタイムを叩き出し、好調なスタートをきっている。
 影山正美のコメント:「今の時点では、まず速く走ることを中心にラップを重ねてい
ます。ですからガソリンもあまり多く積まず、スピードに慣れることから始めています。今後はプログラムが進むにつれて、満タン状態でマシンをどうするか、そしてレースの
フルラップをどうドライブするかが問題となってくるでしょう」
 また影山正美は、午後のセッションでもタイムをアップし、午前・午後の両セッショ
ンをトップで終えた。今年から監督業にまわった高橋国光監督も、「うちが両セッショ
ンでトップだったのはうれしい。チームとしては初めてではないだろうか」と大満足だ
った。
 また、ヤングタイガーの高木虎之介も午前のセッション開始早々に、その時点でもベ
ストタイムをマークするなど元気が良かった。
 高木虎之介コメント:「まだまだ行けます。マシンのセッティングがうまくいけば、
もっとアクセルを踏み込んでいきたいコーナーもあるので、タイムは絶対に上がります
よ」
 と、ルーキーらしからぬ自信に満ちたコメントをしてくれた。
 そして、もう一人の若手注目選手の飯田章は、「12月から久しぶりのF3000ド
ライブだったので、感覚をもどすのに手間取ってしまったけれど、午後には着実にタイ
ムを上げられた。それにしてもフォーミュラって、ほんの少しセッティングを変えただ
けで、フィーリングが大きく変化するので、乗っていて楽しいんです。これは、ツーリ
ングカーでは味わえないものですね」
 また、今年こそチャンピオンを狙う黒澤琢弥も順調な仕上がりを見せ、上位のタイム
をマーク。
 服部尚貴もニューマシンながら上位につけた。そして、再びF3000に帰ってきた
鈴木利男も元気な顔を見せてくれた。
 ディフェンディングチャンピオンのマルコ・アピチェラ、そしてベテランの星野一義
は、マイペースで開幕戦を見据えたテストを行なっていた。
 注目のタイヤテストは、
 明日、2/23(木)10:00~12:00/15:00~16:30
    2/24(金)10:00~12:00/15:00~16:30にも開催。
 そして、決戦の火ぶたは、いよいよ3/18(土)、19(日)に迫った。
●F3000テストタイム (2/22午前)
順 No. ドライバー     マシン・エンジン タイム  周回  マシン名
-----------------------------------------------------------------------------
1 7 影山正美      ローラT94/50無限 1:44.276 21/23 ADVAN
2 11 T.クリステンセン ローラT94/50無限 1:44.549 14/14 コスモオイル
3 65 黒澤琢弥      レイナード94D無限 1:44.583 26/26 PIAA
4 64 高木虎之介     レイナード94D無限 1:45.237 21/23 PIAA
5 9 M.マルティニ   ローラT95/50無限 1:45.245 11/11 LOLA
6 24 服部尚貴      レイナード95D無限 1:45.540 18/18 レイナード
7 15 鈴木利男      ローラT94/50無限 1:46.054 14/15 HOSHINO RACING
8 5 J.クロスノフ   ローラT94/50JUDD 1:46.189 16/16 5ZIGEN
9 20 A.G.スコット  ローラT93/50無限 1:46.431 17/20 OASIS
10 27 影山正彦      レイナード94D無限 1:46:606 12/14 ALEXEL
11 19 星野一義      ローラT93/50無限 1:46.949 15/15 NISSEKI
12 25 山本勝巳      レイナード94D無限 1:48.037 16/17 レイナード
13 10 飯田 章      ローラT94/50無限 1:49.069  9/25 LOLA
14 6 M.アピチェラ   ローラT94/50DFV  1:50.383  5/ 8 5ZIGEN
15 3 金石勝智      ローラT94/50JUDD 1:55.910  2/ 2 CABIN
●F3000テストタイム(2/22午後)
順 No. ドライバー     マシン・エンジン タイム  周回  マシン名
-----------------------------------------------------------------------------
1 7 影山正美      ローラT94/50無限 1:43.837 10/11 ADVAN
2 65 黒澤琢弥      レイナード94D無限 1:43.873 23/30 PIAA
3 24 服部尚貴      レイナード95D無限 1:44.245  20/22 レイナード
4 64 高木虎之介     レイナード94D無限 1:44.301  21/24 PIAA
5 5 J.クロスノフ   ローラT94/50JUDD 1:44.444 11/16 5ZIGEN
6 9 M.マルティニ   ローラT95/50無限 1:44.753 13/18 LOLA
7 27 影山正彦      レイナード94D無限 1:45:160 10/16 ALEXEL
8 11 T.クリステンセン ローラT94/50無限 1:45.347  7/26 コスモオイル
9 15 鈴木利男      ローラT94/50無限 1:45.631 20/21 HOSHINO RACING
10 20 A.G.スコット  ローラT93/50無限 1:46.524  4/23 OASIS
11 25 山本勝巳      レイナード94D無限 1:47.039  5/14 レイナード
12 10 飯田 章      ローラT94/50無限 1:47.449  24/25 LOLA
13 19 星野一義      ローラT93/50無限 1:47.457   4/19 NISSEKI
14 6 M.アピチェラ   ローラT94/50DFV  1:48.479   5/ 6 5ZIGEN
 (マシン名は一部のみ)
  提供:鈴鹿サーキット


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース