Archives

  • [—]2020 (85)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

GT Rd.4 GTインサイドレポート1

'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/10
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  1              for FMOTOR4
1.シリーズポイント
#GT1クラス
Pos  No    エントラント          ポイント   Pos ドライバー ポイント
 1 #1  ホシノレーシング     50   1 影山正彦  50
 2 #3  ハセミ・モータースポーツ 36   2 長谷見昌弘 36
 3 #40  TEAM TAISAN   36    3 太田哲也  36
 4 #24  RACING TEAM 中春         33    4 山路慎一   33
 5 #50 TEAM TAISAN    20    5 袖山誠一   33
 6 #9  ACOM RACING TEAM NOVA    12    6 アンソニー.レイド 32
 7 #2  TEAM ZEXEL     12    7 鈴木恵一   24
 8 #14  MOON CRAFT     11    8 近藤真彦   20
 9 #10  Johnson NISMO RACING    11    9 マウロ.マルティニ  12
 10 #5  BLITZ RACING TEAM          4    10 鈴木利男   12
 11 #88  KEN WOLF with TERAI ENG.   3    11 服部尚貴  11
 12 #25 Team Le Mans               2    12 大井貴之   11
 13 #27  ロッソ コンペティション   2    13 飯田章     11
 14 #32 マックストライ レーシング    2    14 山田英二     8
                        15 福山英朗     4
   16 和田孝夫     3
 17 池沢さとし   3
 18 石川朗       2
 19 影山正美     2
 20 古谷直広     2
  No.    マシン                        ハンデウエイト
 #1  カルソニック・スカイライン   70㎏
 #40 タイサン ADVAN F40 30㎏
 #3  ユニシアジェックススカイライン 20㎏
 *GT2クラス
Pos  No    エントラント          ポイント   Pos ドライバー ポイント
 1 *29 KEGANI RACING      55      1 小幡 栄   55
 2 *70 石橋義三         47      2 石橋義三   47
 3 *12 スクーデリア      23      3 上原秀郎   40
 4 *11 吉本博雪        12     4 水野文則   32
 5 *55 東名スポーツ           12      5 林雅弘     24
 6 *33  アムゼレーシングチーム 10      6 川崎哲哉   15
 7 *26 ナックウエスト         10      7 青柳裕易   15
                         8 吉本博雪   12
 9 柏原浩一   12
 10 早川篤     10
 11 黒沢琢弥   10
 12 白鳥哲次   10
 13 杉山正典   10
 14 福嶌捻大     8
  No.    マシン                        ハンデウエイト
 *29 KORG KEGANI ポルシェ         80㎏
 *70 外国屋スカイライン           30kg
 *55  ハヤシスポーツ964         10kg
'94全日本GT選手権
Rd.4 SUGO                                            Date 9/10
9月10~11日
GT インサイド・レポート             No.  2              for FMOTOR4
2.WESTコルベット
 やっと2週間前の鈴鹿1000キロにIMSA仕様のコルベットをデビューさせた
WESTは、その鈴鹿1000キロでデフを壊してしまった。SUGOにもそのコル
ベットで特別参加という形でやってくることをチームでは考えていたが、IMSAで
は航空機用のいわゆる“アブガス”を使っているため、燃料からして日本とは違うこ
ともあって参加を諦めた。WESTでは今週中にもアメリカに渡って、本命モデルで
あるGT仕様コルベットZR-1の開発状況を確認することを考えている。
4.SUGOでの最高速
 金曜日に行われたGTスポーツ走行において、SUGOの最高速をチェックした。
計測はスピードガンを用いて、午前と午後のスポーツ走行時間に行った。計測場所は、
午前がメインストレートエンド(1コーナー手前150m付近)。午後はバックスト
レートエンド(馬の背手前100m付近)。計測者はGTインサイドレポート班。数
字は非公式なもの。
No.    #1  #2  #3  #9  #10 #11 *12 #14
メインストレート(AM)    227    229    233    214    230    213    209   未計測
バックストレート(PM)   228    225    225    217    229    221    214    222
No .   #22 #24 #25 *29 *33 #39 #40 *52
メインストレート(AM)    198    234    221    209    178    231    233    209
バックストレート(PM)   184    221    219    207    193    230    229    214
No.    *55 *70 *72 #88 #100
メインストレート(AM)    206    209    212    217    235
バックストレート(PM)   209    207    217    214    232             単位:km/h
 GT1クラス・トップの最高速を記録したのは、#100 アドバンポルシェの
235km/h(バックストレート)。それに続くのは#40 タイサンスターカードF
40、#39 SARDスープラGT。特に初登場のスープラの速さは驚異的と言え
よう。また、GT2でも初登場の*72 IPF WAKO’S M3がトップスピ
ードを記録している。ポルシェカップカーの3台はほぼ同じ最高速で、マシンのイコ
ールさがうかがえる。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース