Archives

  • [—]2019 (427)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUZUKA 1000km | インターサーキットリーグ

ICL:鈴鹿1000kmレース経過

●インターナショナル鈴鹿1000kmレース経過
 今年唯一の耐久レースとなった鈴鹿1000kmレースは、午後1時、快晴
の空の下でスタートした。
 スタートからトップに立ったのはNo.27・フロムAニッサンR91CK。それにNo.
25・伊太利屋ニッサンR92CPが続く。トップ2台は快調に周回を重ね、4周目
にはN1マシンをラップ遅れにし始める。
 オープニングラップでは、ヨーロッパから遠征してきたNo.47・ポルシェが
ヘアピン先でクラッシュし、リタイア第1号となった。
 6周目にはIMSA-GTUのNo.84・マツダRX-7が、やはりヘアピン先でスローダ
ウン。そのままコースサイドにマシンを止めてリタイア。
 さらに予選不通過ドライバーがいたために、グリッドの後尾からスタートし、
順調に順位を上げていたIMSA-GTOのNo.11・シボレー・カマロが、スローダウ
ンしてピットイン。左リアのアクセル(ドライブシャフト)が壊れており、そ
のままリタイアすることになった。
 トップ2台のCカーに続き、IMSA-GTPLのアキュラNSX・スパイスが3位を安
定して走行。その後方で、No.2・カルソニック・ニッサン・スカイラインGT-R
とNo.48・フォード・マスタングが4位争いとGTクラスのトップ争いを展開。
17周目にマスタングがカルソニック・スカイラインの前に出たが、22周目にカ
ルソニック・スカイラインが4位を奪い返す。
 トップ5台の順位は、ずっと安定していたが、72周目になって異変が起きた。
No.2・カルソニック・スカイラインが、デグナーでスピン。2回目のドライビ
ング中だった影山正彦は再スタートしたが、左前タイヤをバースとさせ、その
周囲のカウルも破損したために、スロー走行でピットイン。マスタングに4位
を奪われることになった。
 カルソニック・スカイラインは、タイヤ交換をし、カウルのテーピングを施
してスタートしたが、次の周にはピット前をスロー走行。その次の周になって
再びピットインし、ブレーキのエア抜きをするなど、長時間ピットに留まり、
16位まで順位を落とすことになった。
 さらに80周目、No.25・ニッサンR92CPがデグナーでスピン。再スタートして
チェックのためにピットインしたが、カウルを開き、ターボのウエストゲート
あたりをチェック。これでトップのNo.27・フロムAニッサンに2周遅れとな
った。
  すがやみつる(SDI00104)/RIJ/鈴鹿


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース