Archives

  • [—]2021 (172)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

グループA

トムス グループAニュース 8/22

《TOM'S グループAニュース》        8月22日(日)
【1993 All Japan Touring Car Championship Rd.6 : '93 Race de Nippon】
 月日 1993/08/22(日)
 天候:曇りのち快晴  路面:ドライ
 観客:46,500人    サーキット:筑波サーキット
************************************************************************
      36トムスレビン 3クラス 第3位 (予選第2位)
      37トムスレビン 3クラス リタイヤ(予選第8位)
☆ 全日本ツーリングカー選手権シリーズ第6戦、「93年レース・ド・ニッポン」
 が、22日筑波サーキットにおいて公式スケジュール最終日を迎え、決勝が開催
 された。
・ 水曜日よりサーキット入りしたトヨタチームトムスは、木曜日の占有走行、
 金曜日の公開練習とセッティングに務めた。
  昨日行なわれた公式予選では36関谷正徳がライバルの 100無限シビックとまっ
 たく同タイムの1分00秒633 を記録、100 無限シビックのタイムが関谷よりも
 マークした時間が先だったため、予選は2位に決定したが、第4戦・鈴鹿より
 投入した17インチタイヤ+スーパーストラットサスペンションの熟成が、いよ
 いよ進んだことを周囲に大きくアピールし、宿敵シビック勢に危機感を与えた。
  一方、37トムスレビンは、星野薫がタイムアタックしたが、アタック中に遅
 い車に阻まれてしまい、1分01秒474 の8位に留まった。
☆ 本日は首都圏に近いサーキットということもあってか、早朝から多数の観客
 が詰めかけ、またようやく夏らしい日差しが照りつけたため、パドックは熱気
 に溢れていた。
・ 12時30分のコースインに先立ち、グループA最後の年ということで、ドライ
 バー紹介がコース上で約20分に渡って催され、ドライバー一人一人にインタビュー
 が行なわれた。 この中で関谷は「打倒シビック」を力強く宣言し、観客席は
 大いに湧いた。
・ そして13時01分、25台のマシンが第1コーナーを目指してスタートした。
 関谷の言葉通り、36関谷と 100中子修のトップ争いはすさまじかった。
 関谷はスタートこそ2位であったが、オープニングラップで1位に躍り出て、
 両者一歩も譲らないテール TO ノーズの大バトルが16周に渡って繰り広げられ
 たのである。
  決着は、17周目の第2ヘアピンでついた。
 100 が36のインを狙った時、両者が接触、これにより100 は大きく順位を下げ、
 次の周ピットインしたため優勝戦線から脱落。 一方関谷は右ドアにダメージ
 を受けただけで踏みとどまったが、トップを14シビックに譲ることになった。
・ 同じ頃、混戦模様の3クラスで1台、素晴らしい速さを見せていたのが、37
 田中哲也であった。 初のスタートドライバーを務めた田中は、3周目に1台、
 9周目に1台とグングン順位を上げ、17周目には4位にポジションアップして
 いた。
  ところが、まさにこれからという19周目、突然スローダウン。
 エンジントラブルが起こってしまい、メカニックが見つめるストレートで静か
 に車を止めた。
・ その後レースは、上位を走るマシンに次々とトラブルが襲うサバイバルレース
 となった。 28周目、33シビックが第2ヘアピンで車が横転してしまう大クラッ
 シュ。 レースは33周から11周ペースカーが入る形で続行された。
  36関谷は、62周目にP.H.ラファネルにバトンタッチしたが、83周目、ラファ
 ネルがエンジントラブルで緊急ピットイン。 幸い、約5分のタイムロスでコー
 スに復帰したものの、6位に順位を下げた。
  しかし、4位の19カローラ、1位の14シビックにトラブルが発生して、4位に
 なると、レース終盤の 124周目には14に代わりトップを走っていた32シビックが
 最終コーナーでタイヤが外れてクラッシュして、3位に再浮上、133周でチェッカー
 フラッグを受けた。
  結局レースは予選1位から8位までの全マシンにトラブルが起こり、予選9位
 の 5カローラが1位、予選10位の77シビックフェリオが2位に入った。
 -- リザルト省略 --
          提供:(株)TOM'S テクニカルセンター
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース