Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

トムス F3ニュース 7/12

《TOM'S F3ニュース》          7月12日
 【1993 All Japan F3 Championship Rd.7 : Race of Formula Japan】
 月日 1993/07/11(日)
 天候:晴れ  観客:28,400人  サーキット:美祢サーキット
************************************************************************
      トム・クリステンセン、優勝!
      --------------
 ポールポジションからスタートしたクリステンセンは今季4勝目を上げ、
 ---------------------------------
    ポイントランキング2位のR.ライデルに9ポイントのマージンを取った
    ---------------------------------
・ 気温32度、路面温度も40度を越え、非常に湿度の高い梅雨明けの真夏日を思わ
 せる天候の中、1993年全日本F3選手権シリーズ第7戦の決勝スタートを迎えた。
・ オンタイムで進められていくスタート進行、そしてグリーンランプの点灯と共
 にスタートダッシュをし、オープニング・ラップを制したのはポールシッターの
 ゼッケン7番トム・クリステンセン(TOM'S 033F)であった。
  その後、周回を重ねる毎に2位を追走するゼッケン5番・中野信治(SUPER NO
VA F393)を引き離し、レース中盤にファステストラップを記録しながら堂々の
 ポールTOフィニッシュを飾った。
・ 21台のマシンは一斉にスタートを切ったが、オープニング・ラップで4台もの
 車両が戦列を離れてしまった。
  ゼッケン8番・高木虎之介 (ITOHAM TOM'S 033F)はこの間にポジションアップ
 をはかり、7位でメインストレートに帰ってきた。
 前を走行するゼッケン4番・井上隆智穂 (SUPER NOVA F393)を果敢に追い上げ、
 追っ手となったゼッケン55番・高村一明(テクノジャパン レイナード無限)を一歩も寄せ
 付けずに懸命の走りをみせるが、ポジションキープのままチェッカーを受けた。
・ 2位ゼッケン5番中野、3位にゼッケン18番リカルド・ライデル(ALEXEL・033F)
 そして4位にゼッケン33番光貞秀俊(TOM'S 033F)となった。
 惜しくもTOM'S 033Fの上位独占はならなかったものの、この決勝結果により、ト
 ヨタ/トムス3S-Gはエンジン製造部門のシリーズ・チャンピオンが決定した。
          提供:(株)TOM'S テクニカルセンター
           * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686)-RIJ *


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース