Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUZUKA 1000km

ICL-3:鈴鹿1000kmジャガーXJ220C参戦決定

●ICL第3戦・鈴鹿1000kmレースにジャガーXJ220Cの参戦決定
 7月6日、鈴鹿サーキットは、8月28、29日に開催される鈴鹿1000kmレース
に、今年のルマン24時間レースでカテゴリー4(GTカー)クラス優勝を飾っ
たTWRジャガーXJR220Cが2台参戦することを発表した。ドライバーもディ
ビッド・ブラバムなどルマン24時間レースを走った選手が参加予定とのこと。
 鈴鹿1000kmレースには、やはりルマン24時間レースを走ったロータス・エス
プリ・スポーツが2台参戦することが決定しており、また、ルマン24時間レー
スの予選で最速タイムをマークし、序盤レースをリードしたワークスのポルシ
ェ・ターボS・LMの参戦も予定されている。
 また、アメリカのIMSAからも以下の7台のマシンが参戦予定となってい
る。3月に富士スピードウェイで開催された雨のIMSA-GTチャレンジで
GTUクラスながら総合3位に入り、一躍注目を集めたビル・オーバーレンも
参戦予定。
◆ルマン24時間レース参加チームからの鈴鹿1000kmエントリー決定マシン
■ジャガーXJ220C(ルマン・カテゴリーIV)
 6年ぶりに市販車ベースのマシンがルマン24時間に復帰した今年、そのカテ
ゴリーIVを制したのがTWRのジャガーXJ220Cだ。テストデーではワークス・
ポルシェに先を行かれたものの、予選の2日目には、これに匹敵するタイムを
マーク。ポルシェがリタイアした後は、レースの展開をリードし、クラス優勝
を果たしている。
 この時の優勝ドライバーと優勝マシンを含め、2台のジャガーXJ220C
のエントリーが決定している。
■ロータス・エスプリ・スポーツ(ルマン・カテゴリーIV)
 チェンバレン・エンジニアリングがルマンで走らせたGTカーが、このエス
プリ。ベースとなるスポーツ300は、ロータス・エスプリX180レーサー
をもとに、ボディをコンポジット(複合)素材にすることで軽量化を果たすな
ど、各部に改良を施したハイパフォーマンス・ストリートマシン。素材からし
て研ぎ澄まされたものだ。ルマンには、ドライバーとして寺田陽次朗選手も参
加していた。鈴鹿1000kmには、ジャガーと同じく2台のエントリーが決定して
いる。
(エントリー予定マシン)
■ポルシェ・ターボS・LM(ルマン・カテゴリーIV)
 今年のルマンにポルシェがワークス体制で持ち込んだマシン。予選初日でも
カテゴリーIVの中で群を抜く速さを見せ、最速マシンとして注目を集めた。ド
ライバーは名手ハンスーヨアヒム・シュトゥックを始めとして、バルター・ロ
ール/ハーレィ・ヘイウッドという体制。決勝では圧倒的なスピードで序盤を
リードしたものの、スロットルトラブルで後退。その後、追突によりリタイア
してしまった。これによりクラス優勝をジャガーに明け渡さざるを得なかった
が、この雪辱を、鈴鹿1000kmで果たすことができるか--注目のマシンである。
◆IMSAからのエントリー予定マシン
■カニンガム・ニッサン300ZXターボ(IMSA-GTS)
 昨年のIMSA-GTSチャンピオンマシン。2950cc・V6・DOHCター
ボエンジンを搭載し、最高出力は700馬力。ドライバーはスティーブ・ミレ
ンが予定されているが、ミレンは先日のワトキンスグレンの500kmレースでク
ラッシュし、重傷を負って入院中。腕などの骨折、頭蓋骨のひびなどの治療を
受けているが、すでにICUから一般病室に移され、経過も順調とのこと。
 ミレンはWSCカーと接触してクラッシュしたが、そこに僚友のジョニー・
オコーネルのニッサン300ZXも突っ込んで炎上。2台とも大破してしまっ
ている。
■リンドレー・フォード・マスタング(IMSA-GTO)
 IMSA-GTOや、SCCA(スポーツカー・クラブ・オブ・アメリカ)
のTRANS-AMロードレース・シリーズなどで長年活躍しているレス・リ
ンドレーがドライバーを努める。リンドレーは昨年まではカマロに乗っていた
が、今年突然フォードにスイッチ。新たなマシンのボディシェイプに合わせた
細かい部分の見直しを行なっているところだ。V8、5000ccエンジンは600馬
力を発生。
■リギンズ・オールズモビル・カトラス(IMSA-GTO)
 シャシーはドライバーを努めるトミー・リギンズ自らが経営するリギンズ・
エンジニアリングで設計、製作されたもの。ビュイックV6エンジンは、キャ
メル・ライトや、WSC(ワールド・スポーツ・カー)で活躍しているマイク
・ロザーノがチューニングを担当。4506ccから510馬力を発生。リギンズはレ
ース歴25年。ドライバーの他にも様々な職種をこなすベテラン。
■ケンバップ・シボレー・カマロ(IMSA-GTO)
■オーバーレン・マツダRX-7
 現在はニッサンワークスのカニンガム・レーシングが、かつて、マツダワー
クスだった時代に作った最後のマシン。これをドライバーであるビル・オーバ
ーレンが、ロータリーエンジンを搭載するRX-7のポテンシャルの高さを知
り、購入したという経緯がある。エンジンはフロントミッドシップ搭載。33
0馬力以上を発揮するもの。オーバーレンはプライベーターとして、GTUク
ラスにここ数年参戦しており、表彰台の一角をコンスタントに占める好成績を
残している。
■グリア・マツダRX-7(IMSA-GTU)
 ドライバーは、ディック・グリア/アル・ベイコン/ピーター・ウリア/マ
イク・ミーズという布陣。マシンのメンテナンスは、ベイコンのチームが受け
持っている。グリア・レーシングは、プライベーターとして、今年を含めてデ
イトナ24時間3連勝中。IMSA・エクソン・シュープリーム・シリーズ第3
戦セブリングも制しているチームである。
■ライツィンガー・ニッサン240SX(IMSA-GTU)
 ペンシルバニア州ステイト・カレッジを本拠とするライツィンガー・レーシ
ングは、89年よりニッサン・ワークスとして240SXでGTUに参戦を続け
ている。チームオーナーのボブ自らドライバーを努め、息子のブッチも92年か
らGTUにフルエントリー。昨年に引き続き今季も活躍中である。マシンは30
00ccまで拡大されたおHV・V6エンジン搭載で340馬力を発揮。コースによ
ってはGTOマシンを上回るパフォーマンスを発揮する。
※ドライバー・マシン等は、6月末現在の体制/スペックを元にしているため、
変更になる場合があります。
  情報提供:鈴鹿サーキットランド
  すがやみつる(SDI00104)/RIJ


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース