Archives

  • [—]2020 (98)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:鈴鹿F3レース結果速報

《鈴鹿F3 速報》            5月23日(日)
☆ レース結果 速報
  今日の鈴鹿サーキットは昨日から一転、快晴!
 気温も暑く感じられるくらいに上がり、絶好のレース日和となった。
 昨日の予選日と異なりストレートは追い風で、富士スピードウェイと同様、
 リヤウィングを寝かせるマシンが多く見られた。
  17周のレースは、最前列、予選2位からスタートしたTOM'Sをドライブ
 するR.リデルが勝利。
 ラスト2周くらいでリデルに追いついた、同じくTOM'Sのクリステンセンが
 激しくアタックしたが、結局リデルを交わすことはできなかった。
 2位はクリステンセン、以下、ポールポジションのリーン、光貞、そしてリー
 ドの順だった。
 期待された中野信治は、リーンと3位争いを繰り広げる中、スプーでコースから
 押し出され、ピットに戻ったもののリタイヤを余儀なくされた。
           電話リポート:山川順治/鈴鹿
         * FMOTOR4_SysOp 新倉芳夫 (SDI00686) *


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース