Archives

  • [—]2020 (36)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

グループA

Gr.Aツーリングカー(美祢)速報

本日、美祢サーキットで行われましたGr.Aの観戦速報です。
大逆転の後の、大どんでんがえしでGr,Aツーリングカーは開幕しました。
星野選手のスタートからの快走で、首位を独走していたカルソニック(影山選手)を、
昨年のチャンピオン、ジェックスの長谷見選手が残り二十数周で約20秒あった差を、
猛然とアタックし、遂に残り10周の1コーナーでかわし、逆転トップ。
残りのラップを約五秒の差で余裕の走りで、そのままファイナルラップへ。
ところが、長谷見はファイナルラップに入るところで、高々と手を掲げてペースダウン
。 周回遅れのシビックにも簡単に抜かれる。
そして、後ろからは影山選手が迫り、第二コーナーあたりで接触し、長谷見選手はスピ
ン。 カルソニックは態勢を立て直し、そのままトップでチェッカー。
ジェックスは、三位のトランピオのクリステンセンにも抜かれそうになったが、かろ
うじて二位でチェッカーを受けた。
結果は、優勝カルソニック・スカイライン(星野・影山)
    二位ジェックス・スカイライン  (長谷見・福山)
    三位トランピオ・GTR    (横島・クリステンセン)
ピットFMのインタビューによると、長谷見選手はピットサインで最終ラップを終えた
と思っていたとのこと。チームは、タワー横の表示に合わせていたが、表示がおかしか
った、と話している。
しかし、実際にはその時点ではチェッカーは振られていなかった。
尚、ポールシッターのSTP・タイサンGTRは、中盤でのピットインで土屋選手に
交代した直後にマシントラブルでリタイア。
PS:これは、暫定表彰式時点での結果ですので、正式結果では異なる裁定があるかも
   しれません。
MHH00371 莟   大介


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース