Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

F3000-Rd11:鈴鹿速報!

◎全日本F3000最終戦・鈴鹿
 服部尚貴、F3000初優勝!
 全日本F3000最終戦の決勝レースは、予選2位の服部が1コーナーまでに
トップを奪い、そのままブッチギリで最終ラップまで逃げきり優勝を飾った。も
ちろん初優勝。
 2位以下は大激戦。ストレート重視のチーバーに、黒沢琢弥が何度も何度もア
タック。コーナー区間では追いつくもののストレートで離される展開。一歩まち
がえば接触しそうな状態で執ように迫る黒沢。攻めて攻めて攻めまくり、ついに
21周目の130Rで黒沢がチーバーをパスして2位に。
 その後方では12位スタートの鈴木利男が順位を上げる。9周目には早くも6
位。12周目には5位のマルティニを130Rでパス。その直後のシケインで星
野一義がマルティニに追突しマルティニはスピンアウト。激怒したマルティニは
星野のピットへ抗議に走り、自分のピットに戻るとヘルメットを叩きつけた。星
野は前ウィングを傷め、それを引きずったまま走るが、21周目にスローダウン
してピットへ。
 このまま鈴木が順位を上げ、2位以上に食い込めば鈴木の逆転チャンピオンだ。
だが、その鈴木に今度はスコットがシケインで追突。鈴木もスピンアウトしてス
トップした。スコットは20周目のヘアピンでチームメイトのラッツェンバーガ
ーにも接触し、リタイアさせており、鈴木が2人目の被害者。スコットもこの後
にピットイン。フロントを交換する。
 服部、黒沢の後方は、チーバー、フレンツェン、ダニエルソンの外国人3人が
激しい3位争い。その後に、周回遅れになった星野がつくかたちで終盤戦にもつ
れこむ。30周目、ダニエルソンがフレンツェンをダンロップコーナーでパス。
 ダニエルソンはチーバーを攻めたてるが、33周目、2人がS字で接触。ダニ
エルソンはコースアウト。チーバーはフレンツェンに抜かれて4位にダウンした。
 35周を走りきってチェッカーを受けたのは、服部、黒沢、フレンツェン、チ
ーバーの順。クロスノフが5位でフィニッシュしたがペナルティで1分加算の1
0位となった。
 鈴木利男がリタイアし、チーバーも4位に終わったため、チャンピオンはマウ
ロ・マルティニに決定した。
 インタビューなどは夜遅くに掲載します。
  RIJ-すがやみつる(FMOTOR4 Group Manager SDI00104)/鈴鹿


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース