Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3-Rd10:鈴鹿F3決勝レース速報

◎全日本F3選手権・第10(最終)戦
 ミリオンカードカップレース・ファイナルラウンド鈴鹿
 決勝レース・速報
 ========
 薄曇りの鈴鹿サーキットで迎えたF3シリーズ最終戦。決勝レースのスタート
は予選2番手のクリステンセンが前に出てトップで1コーナーへ。その後ろにビ
ルニューブがつける。予選3位のリデルはスタートを失敗。1コーナーでスピン
アウト。
 ビルニューブは1周目の130Rでストレートの伸びないクリステンセンをと
らえてトップにたち、そのまま後続を引き離して17周のレースを最後までトッ
プで走り優勝。クリステンセンは立ち上がり加速が悪く、石川、高村、リードに
抜かれて5位でフィニッシュ。
 ビルニューブは、「マシンの調子が前半はよくなかったが、最後に勝てるよう
になった。来年のことは何も決まっていない。ヨーロッパ、アメリカ、日本のど
こかで走ることになると思う」と語っていた。
 フランスF3でシリーズ3位になり、93年仕様のボウマンBC3・無限に乗
るために来日したオリビエ・トゥヴニンは、予選は30位とふるわなかったが、
スタートで数台を抜き、一時17位まで上がったが、19位でフィニッシュ。マ
カオ、富士インターではフランスの所属チームからラルトRT36・VWに乗る。
  RIJ-すがやみつる(FMOTOR4 Group Manager SDI00104)/鈴鹿


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース