Archives

  • [—]2020 (92)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

その他

富士F3000はヴァイドラーが優勝!

星野、痛恨のフライング・・・
富士スピードウェイで行われたF3000は、トップでチェッカーを受けた
チャンピオン星野一義が、スタート時のフライングのペナルティを取られ、
1分加算、これにより5位に転落してしまった。
スタトーではポールのヴァイドラーが飛び出すが、すぐに関谷がトップに立つ。
しかしその関谷が1コーナーでクラッシュしたあとは、星野がトップとなり、
そのままトップでチェッカーを。
途中、中谷が2位になるも、36周目にストップ。
また、43周(最終ラップ)の最終コーナーで、それまで3位のチーバーが
ガス欠(?)でストップしてしまった。
結果速報
1.ヴァイドラー
2.小河
3.ダナー
4.黒沢
5.星野
6.岡田
7.中子
8.サラ
9.国光
順位に多少間違いがあるかも知れません。
   (現地富士スピードウェイのすがやさんからの電話リポート)
       * FMOTOR4 Sub-sysop * 新倉 芳夫 / PBA00065


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース