Archives

  • [—]2019 (93)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

JSPC

富士1000kmレポート

********* インターチャレンヂFUJI1000kmレース  *********
 前日から降り続いた雨のため、コースは超ウェットであり、朝のウォームアップ
ランではトップ#23星野でさえ1分54秒というタイム。
 当初のタイムスケジュール(11:00スタート)は大幅に遅れたため、レース
距離を半分の500km112周として、12:00にスタートすることに決定さ
れた。
 なお、#36,39の2台のトヨタはTカー(予備車両)をレースに使用するこ
とを決めたため、規則により予選グリッドを当初の2位(#36)、5位(#39)
から、それぞれTカーで記録した3位、17位に下げることになった。
 レースは、結局悪天候により中止となったが、以下はそれに至る過程。
 12:20 各車ペースカー先導でコースを周回するが、とても走れる状態では
      なく、続々ピットイン。ドライバーも口々に「危険である」と訴える。
 13:00 雨が小降りになり、空も若干明るくなったところで、13:45ス
      タートの決定が下される。
 13:30 雨は小降りになったが、富士特有の霧がコース全体を覆う。
 14:00 ペースカー先導で、フォーメイションラップスタート。1周終了後レ
      ースは形式上スタートされたことになったが、ペースカー先導のまま1
      周約3分のペースで周回を重ねる。
       PPの#85は、フォーメイションラップ後ピットイン。天候回復に
      賭けタイヤを浅溝タイプに変えピットアウト。これにより1周遅れとなる。
 そのままの状態の8周目、赤旗提示、レース中断。各車ピットイン。
 その後、再開に備えグリッド待機するも、午後3時過ぎ中止の決定が下された。
 以上簡単ですが、富士1000kmレースのレポートでした。
                        キタジ(北島滋穂/MGG02472)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース