Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

PR:チームレイトン富士決勝リリース

               プレスリリース
          全日本F3000選手権シリーズ第7戦
           日本信販スーパーカップRD・3
             富士チャンピオンズレース
           8月11日:富士スピードウェイ
レース
 レース当日の御殿場地方は、早朝からどんよりと曇ったはっきりしない天候となって
いた。そして、ウォーム・アップ・セッションの始まる午前8時になっても、天候はは
快復せず、雨こそ降らないものの、いつ降り出してもおかしくない状態だったのだ。
 このような状況の中で始まったウォーム・アップでは、関谷正徳は1分19秒台前半
のタイムで8番手につけ、田中実も1分19秒台後半のタイムをマークして16番手に
浮上してきた。そして、関谷、田中ともにマシンのセッティングは順調とのリポートを
出し、そのままセッティングで午後のレースを迎えることになる。問題は、不安定な天
候だけであった。
 最終的に、天候はレース・スタートまで崩れることはなく、気温25度、路面温度2
9度というレース・コンディションとしては、全く問題のない状態になった。
 そして、レース・スタート。心配された第1コーナーでの混乱もなく、スムーズにイ
ンに切れ込んだ関谷は、ひとつポジションを上げ、9番手でオープニング・ラップを終
了した。一方、田中も抜群のスタートを見せ、一気に5台をパスして17番手で、ピッ
ト・ストレートに戻ってきた。そして、2ラップ目の1コーナーで、なおも前を行くパ
オロ・カルカッシとジョニー・ハーバートのインをつき、ポジション・アップを狙う。
しかし、カルカッシとハーバートをかわした田中の前方で、舘善泰がスピン。田中もハーバートも、舘のスピンをかわすことができずにスピンしてしまう。結果、田中はハーバート最後尾から、必死の追い上げを強いられることになる。そのころ、トップ集団は、星
野一義、ロス・チーバー、フォルカ・バイドラー、片山右京のオーダーでラップを重ね、トーマス・ダニエルソン、スタートで出遅れたマウロ・マルティニ、中谷明彦、そして
黒沢琢弥を挟んで関谷が続いた。
 その後、チーバーがメカニカル・トラブルでマシンを止めて脱落、関谷は黒沢をパス
して7番手に浮上。そのまま、テール・ツー・ノーズで、前方の中谷を追う。
 しかし、関谷のローラは、ギア・レシオが実際のレースでは若干合わず、わずかづつ
中谷に離されてしまう。そのため、ラマースとカルカッシにパスされる結果となり、最
終的には9番手でゴールを迎えることとなる。
 一方、最後尾から追い上げを始めた田中は、ギャップを挽回しようとした攻めすぎの
走りがたたり、ゴールまで10ラップを残したころからタイヤのグリップが低下しはじ
め、15番手まで追い上げたところでゴールを迎えることとなる。
 レースは、1ラップ目からトップにたった星野が逃げきり、そのままゴール。2番手
にはバイドラーをパスした右京が食い込み、バイドラーは、そのまま3位となっている。関谷 正徳:9位
「マシンは、かなり煮詰まってきた。タイヤもOK。でも、ちょっとレシオの計算が狂ってしまった。ヘアピンまではダントツに速かったもの。でも、ほんのわずかの違いで、
前のクルマを抜けなかったんだ。そのかわり、次の富士は楽しみだよ。」
田中  実:15位
「舘さんのスピンはどうしても避けきれなかった。だって、おもいっきりパオロとジョ
ニーのインをとった後だったもの。それに、スピンで逆向いてしまって、後ろのクルマ
が全部行ってしまうまで待たないとならなかった。その後は、追い上げて抜いて追い上
げて抜いての繰り返し。マシンは、この3日間の中で最高の仕上がりだったよ。でも、
最後頃にはタイヤのグリップが落ちて・・・。次を頑張ります」
 提供:チームレイトン


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース