Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

CABIN:F3000菅生プレスリリース

<<<< CABIN Racing Team Press Release =================================
1991年全日本F3000選手権                 1991年7月31日
RACE INFORMATION                                キャビン・レーシングチーム事務局
 第6戦「日本信販スーパーカップRd.2 SUGOインターフォーミュラレース」
         王座へ向けシリーズ折返し
      5人目の勝者が現れ、王座争いは膠着状態に
      星野一義 予選A組6位 決勝リタイヤ
      片山右京 予選A組2位 決勝6位
 モニターTVに、サンドトラップに捕まったゼッケン1、星野のマシンが映
し出された。ファステストラップを叩き出し、さらに上位を狙おうとした矢先
の出来事であった。同じ頃、片山もニューカマーの激しい追撃に、必死の防戦
体制だった。
 1991年全日本F3000選手権・第6戦「日本信販スーパーカップRd.
2 SUGOインターフォーミュラレース」が、7月27日(土)、28日(日)
宮城県・スポーツランドSUGOで開催された。キャビン・レーシングチーム
は、このレースに星野一義、片山右京の陣容で参戦した。
<体制>
 キャビン・レーシングチームwithインパル
  ドライバー:星野一義
  監督   :金子 豊
  マシン  :ローラT90-50/無限(Tカー ローラT91-50/無限)
 キャビン・レーシングチームWithヒーローズ
  ドライバー:片山右京
  監督   :田中 弘
  マシン  :ローラT90-50/DFV(Tカー ローラT91-50/DFV)
<マシン>
 星野はローラT90-50/無限、片山はローラT90-50/DFVを用
いる。星野は、MINEサーキットでの第4戦で使い慣れたローラT90-5
0を大破した。前回のレースにはこのマシンを修復して参戦したが、今回は新
たにT90-50のモノコックを購入してマシンを一新した。
 片山は、このレースでデビュー予定だった新開発吸気系システム「HIT&
HITシステム」搭載の新仕様DFVの実戦投入を行なわず、従来通りの仕様
のマシンを使用した。
<公式予選>
 星野、片山ともに公式予選A組からの出走。第1回目のセッションが始まっ
たとき、スポーツランドSUGOは薄曇りであった。しかし、セッション開始
前に行なわれたサポートレースの予選中に、競技車両がボディ破片やオイルを
路面に撒いたため、路面コンディションは悪かった。
 星野は一旦コースインするが、路面状況を見て待機に入った。タイムアタッ
クは45分間のセッション終了間際、路面状況が好転してから行なった方が有
利だとの判断だ。片山は当初からピットで待機、セッション開始後30分によ
うやくエンジンを始動してコースに飛び出した。1セット目の予選用タイヤで
のタイムアタックの結果は1分9秒820。この時点でのベストタイムである。
 星野はセッション終了まで15分を切ったところでコースイン、タイムアタ
ックにかかった。しかしタイムは1分10秒857と伸び悩む。星野は、午後か
らのセッションに望みを託して予選を打ち切り、コクピットを降りた。この間、
ロス・チーバー選手が片山のタイムを上回るタイムを記録。片山は1セット目
のタイヤを冷却して再度タイムアタックにかかるが、記録更新はならなかった。
 午後、天候は急速に好転し、気温と路面温度が上昇。2回目のセッションは
さらにコンディションが悪化してしまった。星野は2セット目のタイヤで1分
10秒556をマークするが、1回目の予選でタイムアタックを行わなかった中谷
選手が1分10秒175をマークしたため、順位を上げることはできなかった。ま
た片山もタイムを更新することができないまま、公式予選を終えることとなっ
た。
星野一義:1分10秒522 A組6位(総合11位)
「1回目のセッションではソフト目のタイヤを使えばよかったんだが、ぼくの
判断でハード目のものを選んだ。ところが、コースはサポートイベントの影響
で荒れていて、タイヤが本来の性能を発揮できなかった。今になって思えばこ
こで判断ミスをしてしまったんだ。午後のセッションで2セット目のタイヤを
使ってタイムアタックをやり直すつもりでいた。ところが今度は気温が予想以
上に上がって、しかも夕方になっても下がってこないものだから、タイムを思
ったほど縮めることができなかった。とにかく今日の予選は完全に作戦ミスだ
ね。去年は予選17番手から3位になったんだっけ。今年もあきらめないで頑
張るつもりだよ。できれば雨が降ってくれるといいんだがなあ」
片山右京:1分09秒820 A組2位(総合3位)
「午前中のセッション、ミディアムでいこうかソフトでいこうか迷ったんです
よ。で、これまで蓄積したデータを元にミディアムを選択した。それなりの記
録は出たと思いますよ。チーバーのタイムはソフトを2セット使って出したも
のでしょう。ぼくはタイヤを1セット温存しておいたから、十分に逆転できる
ものと思っていたんです。データでは、午後3時頃になれば気温が下がるはず
だったんだけど、でも今日は温度が上がりっぱなしだった。これが厳しかった
です。しかも、タイムアタックのためのウォームアップのとき、タイヤを消耗
させすぎるというミスを犯してしまった。逆転ポール奪取ができなかったのは、
ぼくの責任です」
<決勝レース>
 決勝日のスポーツランドSUGOには早朝から真夏の太陽が照りつける。各
チーム、午前中のウォームアップ走行の時間を使って、タイヤの選択を含めた
決勝セッティングを探った。
 スタートが3回やりなおされた昨年のレースとは一転、今年の決勝レースは
混乱なく始まった。ポールポジションからスタートしたチーバー選手を先頭に、
各マシンはほぼ予選順位に並んで1コーナーを通過、戦いに入った。星野は6
列目イン側のグリッドから、ピット側に進路を取りジャンプアップを狙う。し
かし外側からリース選手に押えられ、12位でレースを開始する。片山も同様
にダニエルソン選手に抑えられ、4位につけた。
 星野は10周を過ぎたところでスパート。14周目にリース選手を馬の背コ
ーナーでパス、更に16周目には黒沢選手を1コーナーで抜き、10番手まで
順位を上げる。そして、この時点でのファステストラップ1分12秒832を17
周目に記録しながら、前を走るバイドラー選手に迫っていった。だが、21周
目の馬の背コーナーでコースアウト、サンドトラップにつかまって惜しくもリ
タイヤを喫することとなった。
 序盤、ダニエルソン選手に迫っていた片山だが、徐々に離され今度はシュー
マッハ選手の追撃を受ける。必至の抵抗を試みた片山だったが、21周目にシ
ューマッハ選手に抜かれ5位にポジションダウン。さらに33周目には中谷選
手に抜かれて順位を落し、結局6位でチェッカーを迎えた。
 このレースの結果、片山が1ポイントを加えてシリーズポイント・リーダー
の座を守った。星野は惜しくも無得点ではあったが、他の有力選手もリタイヤ
したためシリーズ3位を守った。
星野 一義:20周リタイヤ
「スタートに失敗して群れを抜け出すことができなかった。序盤は周囲が混み
合っていて、ペースが上げられなかった。それで、周回数は十分にあったので
慌てずにゆっくりいこうと気持ちを取り直した。皆、後ろのマシンを抑えよう
とインフィールドが遅かった。こっちはマシンは本当にいい調子だったから速
かった。自信があったんだ。10周すぎてバラけてきたので、ペースを上げて
突っ走った。10位まで上がって、バイドラー選手に追いついた。それで馬の
背で並んだんだけど、イン側をブロックして来たので、次の周にアウトから仕
掛けた。しかし、アウト側にマシンが流れてしまって、そのままコースを飛び
出してしまった。せっかく調子良かったのに、マシンに悪いことしたよ。チャ
ンピオン争いに関しては、ランキング上位の人がポイントをあまりとらなかっ
たので、それほど苦しくは感じないよ。富士で出直しだね」
金子 豊監督
「レースが終わったあとでエンジンのデータをチェックしたら、星野の走りも
マシンの状態も完璧だったよ。結果はリタイヤで悔しいけれど、マシンに関し
てはかえって自信がついた。右京君も含めて、シリーズ上位の選手がポイント
をとらなかったのは、王座を防衛するために意味が大きいよ。得意な富士で仕
切り直しだ」
片山 右京: 1時間7分8秒570  6位
「ぼくの好みで、サスペンションを堅めのセッティングにしてもらったんです
よ。そうしたら決勝レースのコースコンディションには合わなくて。トラクシ
ョンがかからない、うまく曲がらない、ブレーキかけても、うまく動きを吸収
しないから効かない。そんなことしているうちにタイヤを消耗させてブロー状
態になってしまった。自分が情けないです。チャンピオン取るために、次の富
士では気合いを入れて頑張ります」
田中弘監督
「結果に満足しているとは言わないが、納得はしている。タイヤはSUGOの
テストで232周走り込んだデータをもとに、ミディアムソフトを使った。こ
の選択にはまったく迷いはなかった。確かにこういうコースとコンディション
ではまだ右京の走りは未完成だ。予選のようにわずかな周回だけを速く走るだ
けなら、いくらでも速く走れる。でも、今の日本のレースの勝敗はそんなこと
では決まらない。いかにタイヤに負担をかけないか、高次元でどれだけマシン
の性能を引き出してやるか、ということがポイントなんです。そこのところに
まだ右京に走りを改善する余地がある。けれど、今日は6位で1ポイントを上
げたのだから、納得はできるということです。次の富士は、T90に有利なサ
ーキットだから、やりますよ」
**CABIN Racing Team Office/寺倉茂雄**


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース