Archives

  • [—]2020 (137)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3-Rd4:ミリオンカードCup-Rd2鈴鹿リポート

◎全日本F3選手権第4戦・鈴鹿
 アンソニー・リード、4連勝!
 再び鈴鹿サーキットに戻ってきたF3。昨日の予選でポールポジションを獲得
したアンソニー・リードが、またもポール・ツー・フィニッシュの横綱レース。
まったく安定した走りで2位以下に2秒前後の差を保ったまま17周をつけ、4連
勝目を飾った。
 2位にはトム・クリステンセン、3位にはジャック・ビルニューブと表彰台は
外国人選手が独占。4位に岡本幸夫が入ったが、5位にユージニオ・ヴィスコ、
6位にデレック・ヒギンズと、ポイント圏内のうち5人が外国人選手によって占
められた。
 健闘が期待された日本人選手の予選上位陣は、第2コーナーで石川朗がダート
にはみ出してスピン。影山正美はS字で土屋圭市と絡んでコースアウト。高村一
明はフォーメーションで石川と接触、2周目シケインでストップしてしまった。
◎コメント
◇アンソニー・リード
「4勝してチャンピオンへの可能性が高くなったと思う。しばらくチャンピオン
には縁がないので、なんとかチャンピオンを獲得したい。これだけ勝てるのはチ
ームが完ぺきな体制を敷いていてくれているからだ。チーム、スポンサーに感謝
したい」
◇トム・クリステンセン
「前回の富士では、再車検で200グラム車重が足りなくて失格になってしまった。
やっと表彰台に立つことができてうれしい」
◇ジャック・ビルニューブ
「初めて日本で表彰台に立つことができてうれしい」
  すがやみつる(SDI00104)/鈴鹿


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース