Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

JSPC

富士500マイル結果速報

’91JSPC第3戦 富士 500マイルレース結果速報
 36 ミノルタ・トヨタ 今期初優勝! ニッサンに打ち勝つ
P No. Driver------------------------------------ Laps
1 36 関谷正徳/小河等/ウォーレス Toyota 91C-V  179
2 23 星野 一義/鈴木 利男     Nissan R91CP  179
3  37 リース/エルグ/ウォレス   Toyota 91C-V  178
      ・
      ・
      ・
  主なリタイヤ
  25 和田 孝夫/岡田 秀樹     Nissan R91VP   :クラッシュ(1コーナー)
  38 ラッツェンバーガ/長坂  尚樹 Toyota 91C-V  :エンジン
   1 長谷見昌弘/オロフソン     Nissan R91CP  :クラッシュ(1コーナー)
 レース・リポート
 25 和田、1 長谷見 共に1コーナーで数回転もする大クラッシュ。
 1 長谷見のクラッシュの時直後にいた 36 ミノルタ・トヨタはこれを避ける為
 スピン。 トップ 23 カルソニック・ニッサンに4秒程まで迫っていたが、この為 差は27秒程に開いた。
 しかし、3回目のピットインの時、23 カルソニック・ニッサンはスターターが回
 らず、逆に36 ミノルタ・トヨタに25秒程のリードを許す。
 そして、4回目(最後)のピットイン直前にコースに落ちていた何かを拾ってバイブ
 レーションが出た36 ミノルタ・トヨタは一時1分30秒台にラップタイムを落とし ピットアウト後、23 カルソニック・ニッサンに0.6秒差迄詰められるが、36
 ミノルタ・トヨタ(小河)は1分21秒56のベストラップを出す快走で、燃費の為
 かペースの上がらない23 カルソニック・ニッサン(星野)に10秒前後の差を保って
 安定した走行を続け、そのままトップでチェッカーを受けた。
 (場内放送の記憶を頼りに書きましたが、誤記が有りましたらお許し下さい。)
 MHF00324 渡辺幹雄


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース