Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

JSPC

JSPC:富士500マイル途中経過

 179周で争われる富士500マイルレース。スタート直後の7周目に、和田孝夫
の乗る伊太利屋ニッサンが、1コーナー手前のストレートエンドでジャンプ。宙を飛
んで転覆、炎上した。和田は、シートベルトでアザができた程度の軽傷ですんだ。
 また109周目には4位走行中の長谷見(YHPニッサン)が同じ場所でジャンプ。
クラッシュしてリタイアとなった。いずれも原因はリアタイヤのバーストとのこと。
 130周目現在の順位は以下の通り。
  1 36 ミノルタトヨタ
  2 23 カルソニックニッサン
  3 37 ESSOトヨタ
  4 18 サンテクジャガー
  5 201 チャージマツダ
  6 100 日石ポルシェ
  7 27  フロムAニッサン
 3位までが同一周回。4位は1周遅れ。
 109周目あたりまでは23ニッサンがトップだったが、ピットインの際、エンジ
ンが再始動せずに20秒のロス。これによりミノルタトヨタにトップを奪われ、20
秒遅れることになった。2、3位の差は約1分。
  富士からの電話リポート/FMOTOR4_SysOp すがやみつる(SDI00104)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース