Archives

  • [—]2020 (88)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

F3000-PR:レイトン菅生テストリリース(2)

               プレス・リリース
              F3000合同テスト
             宮城県:スポーツランド菅生
        7月8日(月) 天候:曇 コンディション:ドライ
 合同テスト2日目のコース・コンディションはドライ。気温も1日目より下がり、
テスト走行には絶好の状況となった。
 しかも、天候は崩れる様子はなかったため、午前中の2時間のセッションは、レー
ス・セッティングにあて、気温も路面温度も時間と共に下がり出す、午後の2時間の
セッションの終盤に予選シュミレーションを行うというのが、大方のチームの1日の
スケジュールとなっている。
 しかし、誰もがほぼ同じようなテスト戦略を立てたため、コースは一時テスト参加
全車両がコース・インするなどして、かなりの混雑となる結果を呼んでしまい、スピ
ン、接触、コース・アウトする車両が続出した。そのため、午前、午後とも両セッショ
ンとも赤旗走行中断が多くなり、各チームともコース・インのタイミングがちぐはぐ
になってしまう。。
 チーム・レイトンの関谷正徳と田中実も、他チームと同じく、テスト2日目は午前
の全セッション、そして、午後のセッションの前半までレース・セッティングを続け、
そして最後に、予選シュミレーションを行うというテスト・スケジュールを組んでい
た。しかし、午後のテスト走行終了間際に続発した赤旗により、タイム・アタックの
タイミングを逸してしまい、そのまま今回の合同テストを終了することになっている。
関谷 正徳
「1回目のタイム・アタックは、タイヤを暖めに入った車が何台かいて、十分には攻
められなかったし、2回目のタイム・アタックは、フライング・ラップに入った途端
に赤旗が振られてしまった。でも、タイムに残せなかったけど、それまでのマシンの
挙動は安定していたから、心配はしていないよ。さぁ、今度はいよいよ本番だね。が
んばるよ。」
田中  実
「僕も関谷さんと同じく、タイム・アタックには入れなかった。ちょっと新しいパー
ツを試してみたかったんで、最後までレース・セッティングをねばったから。
でも、そのニュー・パーツの具合もいいし、レース・セッティングも進んだから、本
番に向けては、自信がついたよ。」
                   提供:チーム・レイトン
*** FMOTOR4 Sub-Sysop 名倉 勇二 (PBA00052) ***


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース