Archives

  • [—]2020 (196)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3-Rd3:富士ショートリポート

●レイド、高村と激戦の末に3連勝
 5月3日(日)、富士スピードウェイで行なわれた全日本F3選手権第3戦は、
ポールポジションからスタートした高村一明と、その後ろからスタートしたアン
ソニー・レイドの激戦となり、21周のレースで5回もトップが入れ替わるバトル
を見せたが、最終ラップ、高村を抜いてトップに立ったレイドが、そのままチェ
ッカーを受けた。2位の高村との差は0.282秒という接戦だった。
 このレースでは、3位にトム・クリステンセン、4位にリカルド・リデルが入
ったが、レース後の車検で両者ともマシンの車重が規定重量に達せず、5位でフ
ィニッシュしたジャック・ビルニューブが繰り上げで3位となった。
 ユージニオ・ビスコは、スタートでフライングを犯して1分加算のペナルティ
を受けた。
  --富士からのFAXリポートによる。
  RIJ-すがやみつる(FMOTOR4 Group Manager SDI00104)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース