Archives

  • [—]2020 (195)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

JSPC

JSPC:第2戦富士1000kmレースリポート&結果

 ゴールデンウィークのまっただ中に開催された全日本スポーツプロトタイプ選手権
第2戦「富士1000kmレース」は、No.38デンソー・トヨタ91C-Vがまずリード。だが、
20周目にはNo.2タイサン・ポルシェにトップを奪われる。そして41周目からはNo.23カ
ルソニック・ニッサンにとトップがあわただしく入れ替わった。
 この後は120周目あたりまで、カルソニック・ニッサンとタイサン・ポルシェが激し
く順位を入れ替えるが、100周を過ぎたあたりから次第にNo.1YHPニッサンが3位か
ら2位にと浮上。この後、タイサン・ポルシェは、ディケンズのドライブ中の152周目、
ダンロップコーナー先の300Rでコースの外に飛び出してしまった。金網の外の木
にひっかかる激しいクラッシュだったが、幸いなことにディケンズは無傷。
 前半、燃料をセーブするため、ストレートの終わりではアクセルを戻していたとい
うカルソニックとYHPの2台のニッサンが1-2フォーメーションを築き、このま
まチェッカーかと思われたが、カルソニック・ニッサンが3回目の給油の際に、規定
の時間よりも1.6秒ほど早くピットからスタート。このため、カルソニック・ニッサン
は最後の給油の際に、10秒のペナルティを課せられることになった。このペナルティ
はドライバーに知らされておらず、ピットロードでYHPニッサンに抜かれて星野は
キョトン。
 この後、最後のドライバーとなった鈴木利男がYHPニッサンのオロフソンを猛チャ
ージ。211周目にこの日の最速ラップをたたき出す激走。オロフソンも221周目に自己
のベストラップをマークしながら防戦を試みたが、残り3、4周のところで鈴木がつ
いにパス。カルソニック・ニッサン、YHPニッサンの順でチェッカーを受けた。
 新型の91C-Vと持ち込んだトヨタ勢は、前半の燃費がリッターあたり1.7キロくらい
と、510リッターの燃料で1000kmを走らなければならない燃費レースの後半をセーブし
て走らなければならなかった。
 (電話リポートによるものなので、周回数などには多少誤差があるかもしれません)
●レース結果
P Gr No. Driver-------------------------------------- Lap GoalTime--- -Km/h--
1( 3) 23 K.Hoshino/T.Suzuki             Nissan R91CP  224 5:28'38.962 182.799
2( 1)  1 M.Hasemi/A.Olofsson(S)         Nissan R91CP  224 5:28'41.497 182.776
3( 4) 36 M.Sekiya/H.Ogawa/A.Wallace(GB) Toyota 91-CV  223         1Lap
4( 8)100 G.Fouche(ZW)/S.Andskar(S)      Porsche 962C  223         1Lap
5( 5) 37 Lees(GB)/P.Raphanel(F)/Elgh(S) Toyota 91C-V  222         2Laps
6(11)202 T.Torino/Y.Terada              Mazda 787B    222         2Laps
7(12)  7 T.Needel(GB)/A.Reid(GB)        Porsche 962C  218         6Laps
8( 2) 38 R.Ratzenberger(A)/N.Nagasaka   Toyota 91C-V  216         8Laps
9(13)201 D.Kennedy(IRL)/T.Ohta          Mazda 787     191        33Laps
10(15)230 T.Shiratori/M.Shimizu/S.Fujii  Mazda 767     179        45Laps
****************************** - D N F - *******************************
(10)  2 K.Takahashi/Dickens(S)/Hoy(GB) Porsche 962C  151    Crash
(14) 77 K.Misaki/H.Yokoshima           Spice Ford    137    Gearbox
( 6) 27 A.Nakaya/V.Weidler(D)/T.Danielson(S)  Nissan R91CK 103  Engine
( 9) 18 M.Martini(I)/J.Krosnoff(USA)   Jaguar XJR-11  83    Engine
( 7) 25 T.Wada/H.Okada                 Nissan R91V    81    Break
Fastest lap; Toshio Suzuki, No.23 Nissan R91CP, 1:20.712 on 211th lap.
  すがやみつる(FMOTOR4 SysOp/SDI00104)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース