Archives

  • [—]2020 (88)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

F3000PR:チーム・レイトン鈴鹿テスト(4/30)

           鈴鹿F3000合同テスト
             4月30日(火)
      AM10:00~12:00 コンディション/ドライ
      PM 3:10~ 5:10  コンディション/ドライ
 今日から3日間の予定で、F3000の合同テストが鈴鹿サーキットで始まった。
 今回の合同テストは、5月24日~26日に行われる全日本F3000選手権第5
戦に向けての最後のテストであり、また、天候も快晴とテストには絶好のコンディショ
ンとなっていることもあって、各チームとも初日から積極的にコース・インしてデー
タ取りを行っている。
 なお、各F3000エントラントは、来週早々にも新装なった山口県の美祢サーキッ
トで行われる全日本F3000選手権第4戦に向けての移動を開始しなければならず、
本格的なシーズン・インとともに、テストとレースが交互に続く厳しいスケジュール
に立ち向かうことになる。
 今回の合同テストに向けて、チーム・レイトンは関谷正徳にローラT90/50、
田中実にラルトRT23を投入。それぞれ、あらかじめ組まれたテスト・プログラム
をこなして行く。
関谷 正徳
「今回のテストの目的は、 ラップ・タイムじゃなくて、いろんなセッティング・デー
タを収集することなんだ。そのために、テスト・プログラムもたくさん用意してきた。
これをプログラムをどこまで消化して、どこまでレースに反映できるかがカギなんだ。
だから1ラップ1ラップを大事に走って行きたいよ。そういった意味では、今日はト
ラブル・フリーの1日だった。目的のデータも収集できているよ。」
田中 実
「僕は、今回はテストもさることながら、走って走って走り込むトレーニング・ラン
が目的なんだ。まだまだ、絶対的に走行量が足りなくてラルトの初期トラブルが出尽
くしていないからね。本格的なセッティングはそれからだよ。」
  提供:チーム・レイトン


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース