Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本F3000

F3000:レイトン美祢タイヤテスト情報

TEAM LEYTON
プレスリリース
F3000合同タイヤテスト
4月1日(月)・美祢サーキット
 改修になった美祢サーキット(旧称西日本サーキット)において、今日から3日間
の予定で、F3000合同タイヤテストが始まった。
 サーキットの改修は、雑誌などで既報の通り、施設全般に及んでおり、コース自体
は旧コースを一部使用するものの、全くの新しいコースとなっている。
 そのため、コースには全域に渡って新舗装のオイルが浮いていたり、泥やホコリが
浮いていたりして、レーシング・ラインにタイヤかすが落ち込むまでは、各ドライバー
とも終日タイムは安定しなかった。
 今回のテストに向けて、チーム・レイトンは、従来通り関谷正徳にローラT90/50、
田中実にはラルトRT23を投入しており、それぞれ5月のレースに向けて積極的なデー
タ取りを行う。
 なお、関谷は午前、午後の両セッション併せて82ラップ、田中は39ラップというロ
ングランをこなし、二人とも大きなトラブルもなくテスト初日を終えている。
関谷正徳:
「今日、初めて走ったけど、なかなか難しいコースだね。レースはおもしろくなるん
じゃないかな。セッティングの方は、まあまあといったところかな。大きな不安要素
はないよ。明日、明後日とジックリ走り込んで、セッティングを煮つめて行きたいね。
」
田中 実:
「ここは、86年にFJでタイトルをとったサーキットだから、コースが変わっても親
近感があるね。今日は、いろんなセッティングをトライしてみて、方向性をつかむこ
とに専念した1日だった。」
  提供:チーム・レイトン


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース