Archives

  • [—]2019 (296)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:合同テスト鈴鹿 宮田莉朋が3セッションを完全制覇

 全日本F3選手権は開幕前のテストを5日、6日の両日にわたって鈴鹿サーキットで行った。3セッションを行い、宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)がトップタイムを記録した。

 テストは5日がスーパーフォーミュラのセッションの間に1回。2回目と3回目は6日の午前と午後に行われた。参加ドライバーは11人と少なかったが、昨年暮れのテストにも参加したサッシャ・フェネストラズがB-Max Racing with motoparkから、新たにシャルル・ミレッシがOIRC team YTBから、エナム・アーメドがTHREEBOND RACINGからと有力外国人ドライバーも加わった。

 3回行われたセッションで全ドライバーとも6日の午前の2回目にベストタイムを記録した。トップタイムを記録したのはコースレコードの1分50秒999を上回る1分50秒773をマークした宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)。宮田は全セッショントップでテストを終えており、今シーズンは彼を中心にシリーズが展開しそうだ。

 2位にはやはりコースレコードを上回るタイムでサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark)が、3位にはシャルル・ミレッシ(OIRC team YTB)が付け、この2人が今年のF3を盛り上げてくれそうだ。

 4位には初参戦の昨年途中から力を付けてきた河野駿佑(RS FINE)が、5位にはルーキーの小高一斗(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)が、6位には着実に力を付けつつある片山義章(OIRC team YTB)が続いた。

 全日本F3選手権は4月20日にここ鈴鹿サーキットで開幕戦が行われる。日本人選手対外国人選手の覇権争いに注目したい。

合同テスト: トップタイムは宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S) 合同テスト: 2位はサッシャ・フェネストラズ(B-Max Racing with motopark) 合同テスト: 3位はシャルル・ミレッシ(OIRC team YTB) 合同テスト: 4位は河野駿佑(RS FINE) 合同テスト: 5位は小高一斗(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S) 合同テスト: 6位は片山義章(OIRC team YTB) 合同テスト: 7位は大湯都史樹(TODA RACING) 合同テスト: 8位はエナム・アーメド(THREEBOND RACING) 合同テスト: 9位は山口大陸(TAIROKU RACING) 合同テスト: 10位は三浦愛(ThreeBond Racing) 合同テスト: 11位はDRAGON(B-Max Racing with motopark)

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース