Archives

  • [—]2019 (407)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

F4東日本シリーズ

F4E:東日本第3戦菅生決勝 牧野任祐がポールトゥウィンで3連勝

f4e-rd3-r-start2

f4e-rd3-r-11vs14

f4e-rd3-r-12vs72

f4e-rd3-r-11

f4e-rd3-r-14

f4e-rd3-r-10

 JAF地方選手権F4東日本シリーズは23日、宮城県のスポーツランド菅生(1周・3.704256km)で第3戦の決勝を行い、牧野任祐 (DODIE・制動屋・ルーニー)が20分02秒971で今シーズン負け無しの3勝目を飾った。

 スポーツランド菅生は朝からの夏を思わせる様な快晴で気温がグングン上昇、陽が傾いても暑さが和らがず16時25分よりフォーメーションラップ を開始。

 ポールの牧野任祐は絶妙なスタートでトップをキープし1コーナーへ飛び込む。2番グリッドの根本悠生(GUNZE・ZAP F108)もそれに続きしっかり追撃態勢に入っていた。しかし周回を重ねるにつれトップワンツーから3位の加藤智(FEEL・RK01・TODA)以下が 少しずつ遅れをとる展開に。

 また、少し離れて4位争いが太田達也(佐藤製作所ミストKKZS制動屋)と金井亮忠(チームNATS・正義・001)の間で激化。しかし終盤に さしかかる頃には太田達也が差を広げ、続いて3位の加藤智との差をジリジリ詰め始めていく。

 序盤こそ牧野任祐と根本悠生の差は1秒台で推移したが、終盤は2秒台に差を広げ牧野任祐は完璧なレースコントロールを見せて今期3勝目を飾っ た。

 2位は根本悠生、3位にはその差2秒弱まで迫る4位太田達也を振り切った加藤智が入った。

 次戦第4戦は同じくスポーツランド菅生で明日24日10時30分スタート予定となる。

f4e-rd3-r-park f4e-rd3-r-makino-winner f4e-rd3-r-makino-winner2

Text & Photo: Hiroshi ICHIMURA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース