Archives

  • [—]2019 (224)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

F4東日本シリーズ

F4E:第1戦もてぎ決勝 牧野任祐がポールトゥウィンで開幕戦を制す

f4e-r01-r-11p

f4e-r01-r-start

f4e-r01-r-51

f4e-r1-r-11

f4e-r1-r-14

f4e-r01-r-10

f4e-r01-r-finish

f4e-r01-r-podium

 JAF地方選手権F4東日本シリーズは15日、ツインリンクもてぎ(1周・4.801379km)で第1戦の決勝を行い、牧野任祐(DODIE・制動屋・ルーニー)が22分40秒432で今シーズン開幕戦の優勝を飾った。

 ツインリンクもてぎは朝から曇りで時折冷たい風が吹き、気温がほとんど上がらない状況のまま午前11時50分よりフォーメーションラップを開始。

 スタートを制したのは牧野任祐(DODIE・制動屋・ルーニー)で2位には根本悠生(GUNZE・ZAP F108)、3位には加藤智(FEEL・RK01・TODA)といった予選結果通りのオーダーで上位3台が1コーナーに飛び込んだ。

 その後も上位3台はそれぞれ2〜3秒のギャップで付かず離れずのレースを展開をするが、終盤2位の根本悠生(GUNZE・ZAP F108)に2秒を切る所までギャップを詰められながらも終始落ち着いたレース運びで牧野任祐(DODIE・制動屋・ルーニー)が優勝を飾った。

2位には根本悠生(GUNZE・ZAP F108)が入り、3位には加藤智(FEEL・RK01・TODA)と予選結果からスタート、フィニッシュまで全く同じオーダーでレースを終えた。4位には中山雅佳(HITACHI BM RK01)、5位には接戦を繰り広げながら予選6番手からポジションアップした加藤正将(ブライルバッテリーマーズ006)が入った。

Text & Photo: Hiroshi ICHIMURA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース